ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




「舞い散る桜のような女性」その心を魅了する「限定品」

夜桜

青空に咲き誇る桜

深い夜に神秘的に咲く桜

舞い散る桜

桜の季節はすぐ去ってしまいます。
華やかなのに…寂しい気持ち…切ない気持ち…

だからこそ惹かれるものなのかもしれません。

美しいからこそ命短く、人は魅了する。

美しい桜は散るのではなくて、私たちの心に残すために花びらが舞うとも言われています。

その心理

あさましい心理と同化していて、バーゲン時の心理も働くのです。

今、桜を見なければ!来年になってしまう…という、緊急性もある「時」なのです。

桜のような限定品や限定性の高いものを、人は奪い合いをします。

そんな商品やサービスが、女心を駆りたてることを、売場のスタッフは感じています。
恋愛も同じで、今この人をゲットしないと!という気持ちが働くのです。

情熱的にアピールしてゲットした人にがっかり感!さくら・桜・SAKURA

バーゲン時にはとても良質だと思われていたけど、よくよく考えたらいらない!なんていう気持ちと同じ。

桜の心理は人の心を乱すのです。

でも…美しい桜…あなたは、何を感じますか?

 

桜を見ると誰もが自然に優しい気持ちになり見とれてしまいます。

そのような自然に近い気持ちを大切にしたいな…と思ってしまいます。

「桜のような女性」という美しい角度で考えないで、違う角度で考えてみると儚いものです。

「夜桜お七」という演歌の歌詞は激しい女

福山さんの「桜坂」は非常に深い歌詞ですね。

「桜」という響きは人を魅了するのです。

桜の下で、みんなでワイワイお花見が一番シアワセな気持ちになるのかも…


SPONSORED LINK


サブコンテンツ