ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。



「検索クエリ」クリック数0:表示回数0!初心者パニック一体何をした?

Googleウェブマスターツール

「ウェブマスター ツール」検索クエリ:悲しき「0表示」

何!また?私いったい何をしたの???

何かやらかしたんだ!

私はGoogleウェブマスターツールとGoogleアナリティクスを連携させています。

突然「Googleアナリティクス」の「検索クエリ」が下記のようになっていた。

検索クエリ

そう!各キーワードの表示回数・クリック数・CTR・平均掲載順位がすべて「0」・・・泣

この画像は変更された後の1日分けど、私が見た時は3日分だった!

青ざめてしまう!それが初心者!

だって、原因も解決方法もわからないから。

私が検索クエリを見たのは11月2日~4日までの3日間が「0」表示だったので、上記グラフは原因が何となくわかって、現在処理中で1日分がまだ「0表示」なのだと思います。

なぜ、こんなことが?まず、「0表示」になる前の私の行動を考えよう!

原因は?なぜ「ゼロ0」なのか?

 

【私が11月1日サイトを触った内容】

  • GoogleウェブマスターツールとGoogleアナリティクスを連携させた
  • WordPressの定番SEOプラグイン「All in One SEO Pack」の設定の変更をした
  • 記事をアップさせた

 

【気になっていること】

  • WordPressアドセンスのPin関連の書類が届いていないので、アドセンスのTOPに赤でお知らせ表示されたままになっている。

 

はぁ…いったいどういうことなのか?…大泣

とにかく調べられることをすべてやってみよう!

 

原因がわからない!解決策もわからない!

 

すべて「検索クエリ」「0表示」の場合。と調べるしかない!

Googleにインデックスすらされない「スパム判定」などのペナルティなのか?と疑う。

でも、ドメインも中古じゃないし、Googleのポリシーに該当する違反はないと思う。

 

【Googleのポリシーに該当する違反の要点】

  • ガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反するテクニックが使用
  • 自動的に意味不明なテキストを生成
  • コンテンツを無断でコピー(無断複製)

 

スパム判定
Googleが用意してくれている動画のお兄さんのメッセージって…ニコニコして「こんなのダメ!こういうのもダメ!」って説明していますよね。

自分の頭がパニックして必死に調べている時、その余裕のニコニコ顔…・・・・イラ

あぁ…私、余裕がないんだな…と思ったのでした。泣笑

 

「Search Console」手動による対策

 

【ウェブマスター ツールでの手動によるウェブスパム対策の表示】

Googleウェブマスターツール>ダッシュボード>検索トラフィック>手動による対策

手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。と表示されていた。

下記に記されているように、通知も来ていないし、ページ上で「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」と記されているので、重大な「スパム」ではないのか?

初心者は安心できない!だって訳わからない「0表示」なんだもん!

 

【ウェブマスター ツールでの手動によるウェブスパム対策の表示】
…「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」というメッセージが表示された場合、そのサイトにはウェブスパムであることを理由にした、検索結果からの削除など手動による対策は実施されておらず、ランキングへの直接の影響もありません。手動によるスパム対策が実施されたごく一部のサイトについては、ウェブマスター ツールで既に通知されているはずです。通知は引き続き送信されます…



セーフ ブラウジングでサイト診断

 

ネットの神様達のサイトで記されていたのですが、どうもGoogleのサービスで「セーフブラウジング」というサイトの診断ができるツールがあるとのこと。(ありがとう~神様♪)

自分のサイトがGoogleからペナルティを受けていないかチェックすることが可能で、検索順位が急に落ちた時に、ウイルスやマルウェアに感染していないか?などのチェックをしてみるのだそうです。

初心者の私でも簡単でした♪

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=あなたのサイトのURLを記述します
URLを記述してアクセスすれば診断結果が表示されます。

 

下記のように表示されます。危険じゃないって言ってる!じゃぁどうして?
セーフ ブラウジングでサイト診断

ツール「site:」

Googleの「site:」コマンドは、指定したサイトがインデックス化されてページを表示できるかどうか調べることができるのです。

調べたいサイトのURLの前に「site:」をつける。site:http://調べたいURL

このサイトの場合  site:https://tomoiku.com/

調べたところ正常にインデックス化されていた。

じゃぁ何?ただ単に「いらないサイト」ということなのか?…ショックを受けたまま深夜、イヤ朝方!床につき、翌日再度見てみたら…何と!

2日分が正常に表示されていて、あと1日分だけが「0表示」

そこにはメッセージがあり直近の 2 日間には利用できるデータがありません。と変更が書かれている。

はぁ?また何?と調べたら!!!

 

そうしたら~!

Googleアナリティクスの集計が

遅延しているだけだって!

 

Googleさん!56歳のおばさんなんだから…心臓に悪いよ~。

原因と思っていたことは、すべて偶然だったのかぁ?

前の記事に綴ったけど、SEO対策を調べるより、今さらながらGoogleを知ることが早道か?ということか?

疲れた。

初心者って、いつも不安…本当にいいのか?と釈然としないまま寝ることにする。

サイト制作に挑戦し続けるには根性が必要だな…

 

追記「検索クエリ」は毎日遅れながらも更新しております。苦笑

 

 


SPONSORED LINK


サブコンテンツ