ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




「母乳の掟」?プレッシャーってあるよね!

b004

母乳って大切だけど…

赤ちゃんが生まれると、周りは「母乳は?」と自然に言っているのでしょうが、結構プレッシャーになることを周りの人って言います。

母乳の掟なのか?…と思うほど…特に田舎はそうです。

母親だって母乳育児について、何よりも心配なのは「母乳が足りている?」と正確に母乳の出ている量の判断ができないことですよね。

マッサージを受けた方もいるでしょう…母親は痛い努力を強いられるのですよね。

私なんて…泣いたらあげてた…赤ちゃんは見事に体重増えたけど、今では普通の体型の息子達になりました。

産後の退院までの間、助産師・医師が指導をしてくださいます。

でも、足りないのかな?…赤ちゃんの飲み方が上手に出来ていないのかな?

…と不安に思ったら、体重の増え具合を検討しながら、とミルクをあげて様子をみることも検討しちゃいましょうね。

誰もが心配になることなのに、世間やダンナまで、悪気はないのだろうけれど、「足りてないんじゃないの?」…と傷つくような余計なことを言います。

いつもママは不安はいっぱいなのにね。

どうしても心配であれば、助産師・医師の指導を受けた方が安心できますよ。

悩まないで。絶対ひとりで悩まないで。

授乳回数は?

母乳とミルクは消化時間に差がありますし、飲む量が不明な母乳と明確なミルクでは授乳回数も異なります。

母乳・・・泣いてほしがったら何度でも大丈夫です。
ミルク・・・間隔は3時間(以上)あけてください。

心配事は1ヵ月健診のときに、助産師さんに相談するようにしましょうね。

赤ちゃん全員、男女、身長・体重、泣き方…ひとりとして同じ子はいません。

先輩ママの経験は参考になります。

でも、先輩ママの子とあなたの子は同じではありません。

情報を得たから、更に不安になる場合もあるような気がします。

情報を参考にして、「自分の子育児」をしましょうね。

 

混合授乳って?

混合授乳とは、母乳とミルクを両方飲ませることです。

まずは「母乳」で育ててね。何でかって?

母乳の掟の話ではなくて、乳腺のためにも出るお乳はみんな出した方が、ママの体にいいのですよ。

ママが乳腺の為にも左右のおっぱいを両方吸わせて、3時間の間にほしがる場合は、おっぱいのみでOK!

おむつや他に泣く理由がなき場合、母乳が足りない可能性がありので、退院~1ヵ月は40-80ml程度はミルクを補ってあげてくださいね。

赤ちゃんは生後1ヵ月半までは自分で飲む量をコントロール出来ません。

飲んだ後の吐き戻しがある場合は多く、飲んでもグズグズいうようならば足りないのでしょう。

体重の増え方で判断しますが、1ヵ月健診のときに、相談しましょう。

寝不足の上、次々と悩むことばかり…

 

母乳が出やすくなる 食べ物

母乳はママの食べ物で味が変わります。

出る量は、赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激で脳に命令が行き、ホルモンが分泌され、母乳が製造され1日10回以上母乳を飲ますことで量も増えていきます。

まず、赤ちゃんといっしょに食べるという思いで、朝・昼・夕と ご飯をしっかりと食べることです。

日本人はパンよりご飯の方 が良く出るよですよ。

母乳は出るか出ないかはやってみないと分らないところもあります。

まずは母乳が出やすくなるようにしよう!ということで母乳にいい食べ物や生活を思い出しながら、ちょっと調べてみました。


SPONSORED LINK


サブコンテンツ