ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




超ーど素人!なぜWordPressなのか?無料ブログサービスだっていいのでは?

0301012

私の場合…なぜWordPressなのか?

私の場合…のお話です。

初心者でわざわざWordPressの制作で苦労しなくても、無料ブログで十分満足できるのかもしれません。

ひとつの話題を極める方と、あっちこっちと手をつけたい私のようなタイプの方がいると思うのです。

無料ブログで続けていくと、いつか行き詰ってしまうような気がしたことと、55歳で残りの人生で「おまとめ」として何か残しておきたいような気がした時、綴りたいコンテンツが多かったことと、アフィリエイトというシステムも活用したかった。…の3点がありました。

無料ブログサイト

企業サイトやブログを意識したときに、ネット上でのアピールをどの形で制作するのか?と考えると、日本ではいくつかの方法があるようです。

無料のブログサービスは完全無料で使うことが出来ますが、広告が同時にくっついてきますね。

作業としてはアカウント取得後、ログインするとブログが用意されていて、超初心者でも順番に操作することで簡単に理解してきれいなブログサイトを作ることが出来ます。

ブログシェアNo1はアメブロで、「FC2」「Blogger」などがありますね。

しかし、急に閉鎖されてしまった話や、会社自体が揺れていていつそのサービスがなくなるかという不安があります。

私は無料メールで苦労したことがあります。

Infoseek メールは、『楽天』と『マイクロソフト コーポレーション(以下 マイクロソフト社)』による共同ブランドで運営されてきましたが、2014年7月31日をもって『楽天』はInfoseek メールの運営を終了しました。

<Infoseek メールお知らせ 転記>

そう!無料っていつ無くなるかが不安です。

じゃぁ、有料ならいいのか?となると、そうでもありません。
会社っていつどうなるのかがわからないですから…

有料ブログサイト

有料ブログは広告がないので、自分の作ったサイトのイメージを壊されてしまうことはありませんね。

大手の無料ブログを有料に変更したり、数百円でスタートできる「プチサイト」のレンタルサービスもあります。





かわいいデザインのテンプレートがあって、とてもお手軽です。

WordPress

WordPressのユーザー数はブログシステムの中で世界No1と言われています。

システム自体は無料ですが、サーバーとドメインが必要になります。

無料のシステムで、インストールが簡単でカスタマイズの自由度が高く、テーマ・テンプレートが豊富、記事更新が簡単に出来るという、多数の利点があることが人気なのでしょう。

他にも、制作中にパーツの配置をウィジェットで簡単にカスタマイズできるなど感動してしまうほどのシステムだと思います。

・・ワードプレスの設置方法・・

【1】自分のPCから手動でサーバーにアップロードするやり方
【2】サーバー側のサービスを使ってアップロードするやり方
私は【2】の方法でアップロードしました。なぜなら「早く!」「簡単!」で「困らない!」というメリットがあるからです。

FTP機能で後でいくらでもバックアップできますし、はじめはサーバー側からが安心なダウンロードが便利だと思います。

いまでは、ほとんどのサーバーがWordPressの自動ダウンロードができるようになっていますが、WordPress専用のサーバーもありました。

ちょっと割高かもしれませんが、高性能のWordPressを最高に生かしてくれるようですよ。






SPONSORED LINK


サブコンテンツ