ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




人間関係に悩んだら「心の自由時間」をつくりましょう♪

人間関係の疲れには心の自由時間

人間関係からは逃げられない

誰もが感じていること、人はひとりで生きていないですよね?

でも、人間関係に疲れてしまうと、人と関わらないで生きていく選択をしたくなります。

ひとりで生きている気持ちになれる生活をしていたとしても、実はたくさんの人と関わって生きています。

食べる食物が手元に届くまで、多くの手間をかけて私達のところに届いています。

残念なことに無人島にでも行かないと「ひとりで生きていく」と言い切れないほど、人とはつながっているのだと思います。



では…家族は?

言うまでもないかもしれませんが、家族とのコミュニケーションはものすごく重要です。

じゃぁ…何も気を遣わないでいいのか?

お互いの人柄もあると思いますが、家族だからこそ「気を遣う」ということもあるかもしれません。

どちらかと言うと「思いやりをもつ」ということです。

家族には何でも話せるという関係であれば、無意識に「思いやり」ははたらいていると思いますよ。

無条件で仲がいい…ということは幻想です。

わがままばかり!勝手なことばかり!…そんなことではいくら家族であっても無条件に仲がよくなれるのでしょうか?

生まれてから成長して自立するまで、多くの方が家族と暮らすと思います。

思春期には、親に対してイライラすることも多く、でも親が自分に対して注意している意味も意義もわかっている。

家族に対しても、友達に対しても…社会に対しても…イライラ!

趣味って心の自由時間

イライラしている時、自分の趣味で「心の自由時間」があったなら…きっとリフレッシュできるのだと思います。

「趣味」と言っても幅広くて、わざわざ習いに行ったりすることだけではなく、ざっくり考えると「日常で好きな事って何?」ということでいいと思うのです。

「趣味はない」と答えるとつまらない人間のように感じられてしまうから、適当に取り繕ってしまう場合もあるのではないでしょうか?

「ゲーム」って言うと、変な目で見られちゃうから「読書」と言っておこう…的な。

そして、人に質問されると好印象の物を言ってしまう場合もありますね。

でも、楽しくてリフレッシュできていることならば、後ろめたい気持ちにならないで、自信を持って「趣味」って言っていいと思うのですが…。

私の趣味は、手芸やエレクトーンの演奏です。

好きなことなので、時間を忘れて数時間時計を見ないで楽しく過ごせます。…が、なかなかその時間が取れない状況でもあります。

人間関係で疲れたら、ひとりで悩んで頭を抱えてないで、パァーっと何かしたいことができるといいですね。

この人間社会、悩むことは仕方がないこと。

だから「心の自由時間」を考えませんか?


SPONSORED LINK


サブコンテンツ