ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




ビタミンC豊富!だるい体を元気にする「赤いドリンク」

0014

ビタミンCおすすめドリンク

梅雨から夏にかけての時期は、日が当たらない日が多く思い通りの一日を過ごせず気分が下がりがちな季節です。

また、湿気が多く汗をかきやすいとき熱中症にも注意が必要ですが、汗をそのままにして急にクーラーの冷気にあたると、熱が体内にこもってしまい体を壊すこともあります。

この季節を元気に過ごすには、“赤いドリンク”のハーブティーがおすすめです!

この時期の体調不良には赤いドリンクを!

湿気があり汗をかいて、オフィスに入ればクーラーの冷気で体はひえひえに、一時は涼しくて気持ち良くても後で寒くなることも……。<

ジメジメ湿気が多い外気と冷たいエアコンの風、室内外の温度差による不調、体のストレスもピークに達して、体やお肌にも悪影響です。

服装やひざ掛けなどで調整して自分でも対策して、元気で美しく過ごしたいですよね。

そこでおすすめなのが、赤い色のハーブティーでビタミンCが豊富なのです。

さらには利尿作用や便通、美白美肌など美容面の効果も期待できるのが「ハイビスカス・ローズヒップ・クランベリー」のハーブティーです。

 

ミント:ローズヒップ=1:2
この時期の体調不良には赤いドリンクを!

ペパーミントのクールダウンの働きと、ローズヒップのビタミンCの補給によって、夏バテを予防するブレンドです。

晴れた日の強い紫外線対策にも適していますよ。

ミントが苦手な方は、ローズヒップ単体でもおいしくいただけると思います。

 

ハイビスカス:レモングラス:ローズヒップ=2:1:1

とくに暑い日に飲むのがおすすめ。

ビタミンCやクエン酸を多く含んだハイビスカスは、代謝を良くしてくれて、利尿作用の効果もあります。

ローズヒップは乾燥肌やニキビの改善、美白などの効果があります。

 

ハイビスカス:ローズ:ローズヒップ:クランベリー=1:1:1:1

赤いハーブティーをより真っ赤に情熱的な色にするレシピです。

クランベリーは甘酸っぱくて飲みやすいハーブです。

酸味がききすぎる場合は、はちみつを適量いれるとまろやかになり、飲みやすくなりますよ。

透明なグラスに真っ赤なハーブティー、ながめているだけで元気になりそうですよね!

ホットでもクールでも、気分や体調によって変えてもOK。

ゆったりとティータイム♪

お茶会のドリンクとしても喜ばれますよね。


SPONSORED LINK


サブコンテンツ