ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




玄米食は食の原点!デトックス効果!抗酸化作用を確認して健康とキレイを手に入れよう!

ほとんどの人が「玄米は体にイイ!」とわかっていると思います。

でも、白米がいい!おいしい!…玄米は臭い!食べにくい…という気持ちになっていると思います。

知ってはいるものの、実行できないし、「ごはんぐらいおいしく食べたい!」という方がほとんどです。

玄米の栄養について再確認して、「生きたお米」を食べやすくする方法を記していきたいと思います。

生きているお米を食べることは「一物全体」食!

「玄米」を食べたことがありますか?

お米が主食の日本人は「玄米」という言葉は知っているけれど、食べたことのある人は意外に少ないのが現実かもしれません。

さまざまな健康情報があって、健康についての関心は高まっている中で、玄米は健康食品という位置づけになってしまっています。

私達が想像以上の健康効果があるので、◯◯が体にイイ!というトップに「玄米」と言ってもいいと思っています。

玄米の印象として、硬くてポソポソ、臭くて言う少ない!と思っている方、白米のようにはならないまでも、炊き方などの工夫で柔らかくなったり炊き込みご飯で味をつけてもいいですね。

病気も治せると言っても過言ではない東京にあったマクロビオティックの理論の基本となった「石塚食養所」の話です。

江戸時代、玄米の糠層(ぬかそう)を取り除いた白米が庶民の主食になったため、「江戸患い」というビタミンB1不足による脚気がはやり深刻な問題になりました。

明治時代になり、軍医の石塚左玄が「食」の大切さを説く「食育」という言葉を初めて使って「玄米菜食」を中心とした食事指導で多くの人を治したのです。

東京の「石塚食養所」には全国から患者が殺到し、玄米と野菜で人並み以上の健康になったことから、後に桜沢如一が受け継いで「マクロビオティック」の考えを確立して世界に広めたとされています。

石塚左玄や桜沢如一が伝えてきた食の基本は、現代の生活習慣病である高血圧や糖尿病など、飽食の日本で一番必要な「食の見直し」となってきました。

玄米は一物全体!人間に必要な栄養素すべてが含まれている!

玄米は、お水に浸しておくことで芽が出てきて生長しますが、白米は芽が出ない上に腐ってしまうように、玄米は発芽に必要なすべての栄養エネルギーが揃っています。

そのエネルギーはスプラウトと同様、ものすごいパワーがある「一物全体食」なのです。

玄米はよく噛まないと消化不良になることがあるので、とにかく良く噛むことです。

残念なことに栄養満点のお米の栄養を取り除いた白米(胚乳のみ)を食べている私達。

栄養成分の大部分はぬか層と胚芽に集まっています。

白米にするため、ぬか層と胚芽を取り除いて、カスを私達は食べていることになります。

生きている玄米にはエネルギー源の炭水化物(糖質)のほか、たんぱく質・脂質の三大栄養素が含まれ、それらを代謝するために必要なビタミン類・ミネラル類・酵素も揃っていることから「玄米は完全食」と言われているのです。

不足しがちなマグネシウム・ビタミンB1、B6、E・ナイアシンなど、1日の推奨摂取量も玄米によって満たせるほど含まれています。

玄米の主な栄養成分

  •  赤血球を作るのに必要な栄養素
  • カルシウム 骨や歯の形成に必要な栄養素
  • マグネシウム カルシウムの働きを調整し、骨を丈夫にして心臓の働きをよくして血液循環をよくする。
  • ビタミンE 抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り。細胞の健康維持を助ける栄養素
  • ビタミンB1 炭水化物からのエネルギー生産と皮膚の粘膜の健康維持を助ける
  • ビタミンB3 ビタミンB3はナイアシンと言われたんぱく質や糖質の代謝を促し、脳や神経の働きを助ける
  • ビタミンB6 体内で必要なたんぱく質を作り、神経伝達物質を合成するために不可欠で、脂肪肝も防ぐ
  • 食物繊維 腸の働きを整えて、老廃物の排泄や腸内環境を正常にする働きがある
注目の有効成分
  • ギャバ(ガンマ-アミノ酪酸)-睡眠障害やうつ病を改善・認知症予防
    アミノ酸のひとつで神経伝達物質として脳や脊髄に働き、興奮を抑えてリラックスさせ、脳の血流をよくして脳細胞の代謝を高めます。
    自律神経失調・睡眠障害・うつ病・アルツハイマー型認知症まどの予防の期待ができます。
    血圧を下げて安定・中性脂肪減・二日酔い軽減・口臭・体臭を消す効果などがあります。
  • イノシトール -脂肪肝や動脈硬化を予防・毛髪の健康を守る
    「高脂肪肝ビタミン」と言われているビタミンBの仲間で、脂肪肝や肝硬変・動脈硬化を予防します。
    神経細胞の膜に多く含まれ、神経を正常に保つためになくてはならない成分で、脳細胞に栄養を供給します。
    毛髪を維持し、抜け毛を予防できます。
  • フェルラ酸 -認知症予防・美白効果
    ポリフェノールの一種で強い抗酸化作用があり、美白効果が期待できます。
    シミの原因であるメラニンの生成を抑え、肌の色素沈着を防ぎ透明感のある肌に導いてくれます。
    脳機能改善・脳神経保護・高血圧改善・アルツハイマー型認知症の予防などの効果があります。
  • ガンマ-オリザノール -ストレス軽減・シワやシミ予防
    米ぬかや胚芽の脂質に含まれていて、コレステロールの吸収を抑えて生活習慣病を予防、自律神経のバランスを整え、更年期障害の不定愁訴やうつ病を改善する効果が期待できます。
    血管を広げて血流をよくするので高脂血症や、皮膚の老化と乾燥を防ぎシミ・シワを予防することから、化粧品の成分としても使用されます。
  • αグルカン(RBF、RBA)-がん細胞の増殖を防ぎ免疫を強化
    米ぬかに含まれる物質です。
    RBF:がん細胞に対するエネルギー供給を止めるので、がん細胞の増殖を防ぎます。
    RBA:免疫を強化し、抗ガン作用が期待できます
  • フィチン酸 -有害物質を体外に排出・抗ガン・抗老化作用
    金属と結びつく力が強く、水銀や鉛など有害金属を体外に出すので、デトックク効果があります。
    抗酸化作用が強いので、老化や脂肪肝を防ぎ抗癌作用があり、尿路結石・腎結石を防ぎ、歯石などの歯の健康も維持します。

 

以前はフィチン酸が必要なミネラルの吸収を邪魔して体外に排出してしまうというようなことが言われましたが、科学的根拠を探る研究の結果、今ではフィチン酸の効果が見直され、「抗ガン作用・抗酸化作用・毒素排泄作用」のサプリも販売されるほどになりました。

玄米の気がかりとされていたのは、玄米は「生きた食べ物」なので自分を守る物質(アブシジン酸)があり、ミトコンドリアに悪影響を与えるのではないか?…と不安視されていたのですが、炊いて加熱すれば問題がないのです。

若しくは「発芽」させてしまうことです。

何も熱を加えることをしない「生米」を食べなければ大丈夫なのです。

玄米は残留農薬の心配がいらない

精米は周りの皮などを削ってしまうので、残留農薬がほとんどないので安心…とされていますが、不思議なことに、皮などを削らない玄米の方が体内に残る残留農薬が少ないのです。

もちろん理想のお米は、農薬不使用の有機米です。

農薬を使用された玄米でも、ぬか層に様々な物質を吸着して排出する食物繊維や強力な解毒作用を持つフィチン酸があり、そのフィチン酸は残留農薬など有害物質を排出する力が強いため、白米食よりも玄米の方が体内に残る残留農薬が少ないという研究結果がありました。

すごい解毒パワーなのです。

しかし、消化が良くない?…硬い?…など、様々な問題もあるので、次回は、食べやすい方法を記していきます。







サブコンテンツ