ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




簡単!自宅サワーの作り方!手軽に「カルディ」の爽やかなお酒も好き!

柑橘系のお酒が気分を爽やかなに!

アロマでも香りによって、その時の気分を変えてくれる作用がありますが、さっぱりしたい時に私がいただきたいお酒はサワーや柑橘系のお酒です。

春には「桜シリーズ」をいただいていたのですが底をついてきたので、夏向きのお酒をカルディに行って購入してきました。

カルディオジリナルのお酒が、美味しすぎます。

のどごしが良くてアルコール濃度もとても低いので、ジュースのようです。

ジュースを飲めばいいのですが…苦笑…何故かサワーの方が美味しく感じてしまうのは、心理的に「自分だけの時間」を楽しんでいるのでしょうね。

「本気柚子酒」は国産でアルコール濃度8%のリキュールで、柚子の香りと味が濃いので高級感を感じます。

生柚子を使用していて、爽快感があります。

「BELLIMI」は白桃果実酒の発泡酒で、イタリアのヴェネツィア生まれのフルーツカクテルです。

フルーティーなスパークワインに、完熟の白桃の果汁と果肉まで入っている上品な味わいです。

「POMPELMO」もイタリア産で、グレープフルーツ果実酒の発泡酒。

ピンクグレープフルーツを使用しているので、とてもきれいな色をしています。

さっぱりとしていますが、甘みも感じて女性が好むお酒です。

その果実のサワーは自宅の果実を使用して作ることも簡単です。

自宅で簡単なサワーの作り方

「チューハイ」と「サワー」の違い

「チューハイ」の語源は、焼酎の「酎(チュー)」と、ハイボールの「ハイ」を組み合わせたものです。

「サワー」の語源は、酸味のある、酸っぱいという英語の「sour-サワー」という意味です。

ジン、ウオツカ、ラム、テキーラなどが「スピリッツ」の品目に分類されて、「チューハイ」はウオツカや焼酎など無色で香りのないスピリッツをベースに、果汁などを加えて炭酸で割った飲み物です。

「サワー」とはスピリッツをベースに、砂糖などの甘味料と柑橘類などの酸味のある果汁を加えて作るカクテルの一種に、ソーダを加えた飲み物です。

居酒屋さんなどでは、「チューハイ」と「サワー」はほぼ同じ意味として使われています。

「サワー」の作り方

焼酎やウォッカなど + 炭酸 + 果汁 (+シロップ)が基本です。

  • 焼酎(アルコール濃度25%くらい)の場合
    焼酎:炭酸  1:2
  • ウォッカはアルコール度数が高いので比率を変えます。
    ウォッカ:炭酸  1:3

例)レモンサワー

  • ウォッカ 50cc
  • レモンの絞り汁 一個の半分(20cc~30ccくらい)
  • 炭酸水 150cc
  1. 氷を入れたグラスを用意します。
  2. ウォッカと炭酸水を1:3の割合で入れます。
  3. 焼酎と炭酸水に大して1割ぐらいのレモン果汁を加えます。
    炭酸が抜けないくらいに軽くステア(かき混ぜ)してください。
  4. グラスの大きさに応じて、氷を再投入して出来上がりです。

比率は、自分の好みで徐々に決まってくると思います。

上記は、私の知っているバーテンダーの方がお店での人気な比率で、体調や飲みたい気分の時などで、変更することが多いとのことでした。

カルディオリジナルサワーがお気に入り!

カルディオリジナルで、サワーシリーズがあります。

私のお気に入りで、爽やかな口当たりや香りがよく、レモン・柚子・梅・白桃・ブラッドオレンジサワーがありますが、大好きな柚子・白桃が人気なので欠品になりやすいです。

レモンも大人気で、ネットで購入すると「おひとり様6点まで」と制限がかかっているほどです。

 

おまけにちょっと変わったお酒:瀬戸内レモンとヨーグルトのお酒

レモンヨーグルトの爽やかな酸味の優しい味わいのリキュールです。

植物由来の乳酸菌(SN13T株)が入っていて健康的、とても飲みやすかったです。

 

 
しかし、後味があのヨーグルト独特の味が口の中で尾を引くので、爽やかなサワーを飲み直してしまいます。

お酒好きな方には物足りないかもしれませんが、ちょっと変わったお酒を飲みたい方にはいいですね。

夏に向けて「ビール」が美味しくなる季節ですね。

たまに柑橘類のサワーなどいかがでしょう…。

注意:お酒は20歳になってからです。







サブコンテンツ