ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




梅雨の薬膳!体調不良は薬膳の食材をプラスして乗り切りる!

梅雨の薬膳!体調不良は薬膳の食材をプラス

前のページ

体にも湿気がたまる「梅雨」を乗り切る方法

梅雨になると、ジメジメしていて憂鬱になったり、食欲が落ち、むくんだり、皮膚トラブルもあって、何だか体調が悪い…と感じることがありませんか?

5月病を引きずっている方が多い季節でもあります。

湿気はモノに注意するだけではなく、私たちの体の中でも余分な水分が溜まってしまい、体が何となく重く感じてだるくなりやすい時期になのです。

心身ともにスッキリしない「梅雨」は薬膳で体調管理

梅雨の時期は、中医学で「湿邪-しつじゃ」と言って、体がむくんで胃腸障害から食欲不振になってしまい力が出なくなり、ニキビ・じんま疹などの皮膚トラブルも起こしやすくなります。

五臓では「脾-ひ」という消化器系と関連があるため、梅雨時には胃腸病と皮膚疾患・疲労などの不快な症状をうったえる方が多い時期です。

体の湿邪を香りや水はけがよい体づくりをして、梅雨時の薬膳は食材に気をつけて、夏の体力づくりに備えましょう。

枝豆基本的に豆類は必ずプラスする食材です。

豆類は中医学で、水分代謝をつかさどる「脾」の臓器の機能を高めてくれるとされています。

梅雨の時期は、豆類を一日一回食べることを心がけましょう。

特に枝豆とそらまめは胃腸の消化吸収能力を高め、利尿効果がバツグンなので毎日少しずつでも食べるといいですよ。

そして、冷たいものや生ものは脾に負担がかかり、余計に湿を生む原因になるので、体を冷やす食べ物は梅雨の時期は避けるようにしましょう。

冷たい飲みのもが欲しくなりますが、我慢!がまん!

 

他のおすすめ食材はプラスすると効果アップ!
  • 胃腸の機能を高める
    湿気でダメージを受けるため、胃腸機能を補うようにします。
    食材:長芋、かぼちゃ、じゃがいも、さつまいも、キャベツ、いんげん、とうもろこし、きのこ類、鶏肉、いわし、すずき、かつお、たら、さば、ハトムギ…など
  • 発散作用を促す
    湿気を多く含んでいる外気を体の表面で留めて、体内に入れないようにするためには、汗をかいて体表から排出させるようにします。
    食材:しそ、しょうが、ねぎ、香菜、シナモン…など
  • 利尿作用を促す
    利尿が一番の解決策でもあるので、進んで食べるようにしましょう。
    食材:豆類、あさり、はまぐり、昆布…など
  • 体を温める
    体内の水分代謝を高めることで、汗として湿気を発散させることができます。
    食材:しょうが、三つ葉、みょうが、ねぎ、ししとう…など
  • 体にこもった熱を取る
    エアコンをいれるほど暑くもないけれど、ジメジメとむし暑い場合、体内の余分な熱をダウンします。
    食材:豆腐、セロリ、きゅうり、緑豆…など
  • 芳香性のあるものを摂る
    香りが強いものは気のめぐりを良くし、湿気を取り除く働きがある上、食欲増進作用があります。
    食材:陳皮(みかんの皮)、山椒、しそ、フェンネル、ジャスミン、ミント…など

 

 

陳皮は薬膳では効能が数え切れないほど重要なものですので、私はみかんが販売されている間は作り置きしています。

最近は薬膳を利用する人が増えてきたので、安価に売られるようになりました。

お茶や鶏料理・スイーツなどで使いみちが多いので、是非お試しくださいね。

梅雨の時期は、脂っこいもの、冷たいもの、生ものなど、体に湿気を生む原因になるので避けるようにしましょう。

汗や体温調整などで体力を消耗してしまう前に、体内のバランスを整え、夏に負けない体力づくりを意識することがとても大切です。

私は今育てているお庭のハーブを添えて紅茶をいただくとホッとします。

はちみつやしょうがも利用して、温かいミントや陳皮を加えた紅茶などをいただいて、心と体を整える食生活を心がけましょうね。

 

薬膳お知らせ







サブコンテンツ