ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




【如月】ていねいに暮らす-2月のくらし「針供養」で大和撫子魂を学ぶ

【如月】ていねいに暮らす-2月のくらし「針供養」で大和撫子魂を学ぶ

裁縫が好きな方はご存知の方が多いと思いますが、2月8日は「針供養」の日です。

私はミシン作業やパッチワーク・刺し子・人形つくりなど、大好きです(^^♪

独身の時は「針」に関わるデザインの仕事をして、子供を出産後数年間、文化センターでデザインとパッチワークや刺し子の講師をしていたので、東京に住んでいるときは生徒さんと「針供養」に出かけていました。

針供養は感謝し労う気持ちから生まれた

針供養は大和撫子が裁縫技術の上達を願って行った行事です。

2月8日はその年の農耕を始める時で、12月8日は農耕を終える事納めの日で、この日は慎みをもって過ごして、針仕事をお休みする日とされていました。

昔の女性にとって針仕事は、現代では考えられないほど大切な仕事で、裁縫の上達を願って針に感謝の気持ちを込めて「針供養」をしたそうです。

供養の方法は、役目を終えた針を労い供養するのですが、硬いものばかりを刺して疲れた針を、豆腐やこんにゃくぶ刺して拝むのです。

この行事にはこのように、優しい日本人の心が込められています。【如月】ていねいに暮らす-2月のくらし「針供養」

関東では、浅草寺・正受院・荏柄天神宮・若宮八幡宮などで、行事を行っています。

わざわざ出かけて「針供養」をすることが困難な方もいらっしゃいますし、針には縁が遠いと感じている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、身に洋服を纏っている限り、誰もが関わっていることです。

供養に出かけられなくても、感謝の気持ちは大切にしてくださいね。

針供養で学ぶ「大和撫子魂」

昔の晴れ着のような着物を想像してください。

美しい晴れ着が縫えるのは、きちんと仕付け(しつけ)糸で、ていねいに仮縫いをしてあるおかげですね。

人の道も同様で、きちんと躾(しつけ)を受けた子どもは、道から外れて迷うこともない晴れた道があるのです。

大和撫子はこのような未来に対する想いもあった…と何かの書籍に書かれていました。
針供養の風習からは、安く買って使い捨てることが多い現代の暮らしでも、物を大切にする「心」は学べると思います。

そして、ひとつひとつの物事をていねいに行うことで、晴れた道が開けるということを伝えている行事でもあります。

そのような日本の行事には多くの「感謝」と「人の道」に関する想いが多く含まれています。

針供養は「美しい品格ある女性に育てる」ための行事でもあります。

とてもすてきですよね!

その先人の「想い」は大切にして、未来につなげていかなければなりません。







サブコンテンツ