ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




子供や動物の重金属の解毒・デトックス法!ホットケーキミックスなどに含まれる膨張剤の危険性!

子供や動物の重金属の解毒・デトックス法!ホットケーキミックスなどに含まれる膨張剤の危険性!

ホットケーキミックスなどに含まれる粉もの膨張剤の危険性を国が警告している!

手軽で簡単におやつがつくれるホットケーキミックスを利用したレシピが多くネットでアップされているので、孫に作ってあげようと思って食品表示の確認をしていると、気になることもあり調べてみたのが離乳食をはじめた5年前。

原材料であえて入れる必要ないのでは?と思われた香料などは避けてきましたが、添加物で見慣れている「膨張剤」に危険物質が混入されていることもあり、朝日新聞のデータ記事を参考に調べてみました。

「ホットケーキやパウンドケーキを週に1個食べるだけで、幼児ではアルミニウムの取りすぎになってしまう場合があることが東京都健康安全研究センターの調べでわかった。アルミを含む膨らし粉(ベーキングパウダー)が原因らしい。神経系などに影響を与える可能性があり、摂取量を減らす対策が必要としている。
同センターの植松洋子食品添加物研究科長らは、市販されているホットケーキミックス粉6種、クッキー、ドーナツなどの焼き菓子57種など107の製品を検査。ミックス粉3種、焼き菓子27種からアルミを検出した。これらの製品は、膨張剤やベーキングパウダー使用と表示があった。
ミックス粉では1グラムあたり最大0.53ミリグラム、焼き菓子ではパウンドケーキやスコーンで最大0.37ミリグラムだった。この場合、ホットケーキ1枚(粉で約50グラム)にアルミ約27ミリグラム、パウンドケーキ一切れ(約50グラム)で同約19ミリグラム含まれる計算になる。
世界保健機関(WHO)などが定める1週間の暫定耐容摂取量(PTWI)は、体重1キロ当たり1ミリグラム。体重16キロの幼児では16ミリグラムになり、ホットケーキ1枚で1.7倍になる。」

<出典 :朝日新聞社インターネット版>

 

「アルミニウム含有食品添加物を使用している関連業界に対し、菓子パンやケーキの一部に添加物として含まれる膨張剤(硫酸アルミニウムカリウム及び硫酸アルミニウムアンモニウム)の使用量を自主的に低減するよう依頼するとともに、許容摂取量の基準値を設け規制する方針を決定しています。」

<出典 厚生労働省>

我家には2歳6歳と愛犬チワワと体が小さい子がいるので、重金属におけるエレルギーにならないようなご飯メニューを常に気をつけるようにしています。

子供の好きなフワフワとした洋菓子には多くのアルミが入っていることから、デトックス(解毒)を目的とする食事も摂るようにしましょう。

動物で目やにが多く出る子は重金属が多く体内に入っている可能性もあるので、ドッグフードの重金属をより少ないものにするように意識されたドックフードに変更することで治る場合もあります。

 

重金属によって引き起こる問題と解毒(デトックス)法

重金属によって引き起こる問題

人は日常生活を過ごしているだけで、農薬・食品添加物・薬・調理器具・パンケーキなどを作る時に入れる膨張剤(ベーキングパウダー)などで様々な有害物質を摂り入れていることになります。

重金属である有害物質は「脂に溜まりやすい性質」で脂溶性の毒といわれています。

体内の脂とは、細胞膜は細胞を守る働きがある細胞膜と脂肪細胞で、特に細胞膜を傷つけてしまうと「細胞」を守る事ができないのですが、有害物質は細胞膜に溜まりやすい上、抜けにくい性質があります。

最も脂の多い部分が脳で、脳の60%は脂でできているため、有害物質は細胞膜、脳に溜まりやすいということになります。
今回焦点を当てたのは、食品に多く含まれている「アルミニウム」ですが、人は飲食物・水・食品を介してアルミニウムを摂取しています。

アルミニウム過剰摂取によって貧血や神経障害・パーキンソン病・アルツハイマー病など、脳にも多く関わる病気が多く、成長期の子供が過剰摂取をすることは絶対さけなければなりません。

コンビニで販売されているおいしいフワフワの洋風スイーツなど、手軽に食べることができるようになった現代、経口摂取されたアルミニウムの99%はそのまま排泄されますが、残りの1%は消化管を通して吸収された後に、腎臓などを通り尿中に排泄されていきます。

その1%の摂取量が多いことで、解毒できずに体内で蓄積されてしまうことが、一部のアレルギーの原因になり、内蔵器官の不調という病気に大きく関わってくるのです。
重金属の解毒(デトックス)法

重金属を過剰摂取しないように気をつけるのはもちろんなのですが、気をつけていても空気を吸い・水を飲み・食事を擦って生きている限り避けられない問題でもあります。

食材によってデトックスできる方法がありますので、積極的に摂るように気をつけましょう。

  • ニンニク・タマネギ・ネギ・ニラには、有害物質だけを選んで結合する含硫アミノ酸が含まれていて、鉄や亜鉛など必要なものは体内に残し有害重金属だけを体外へ排出する。(犬猫は☓)
  • ブロッコリー・カリフラワー・キャベツ・ダイコには、肝臓の解毒作用を高めるイソナオシアネートという成分が含まれています。
  • リンゴやゴボウ、海藻類、キノコ類には、食物繊維が有害物質を吸着し便として排出します。

※犬や猫にとってニンニク・タマネギ・ネギ・ニラはNG食品ですので、食べてはいけません。

このように、食べるものをちょっと考えるだけでも、単体の栄養だけではなく総合的な作用で体にやさしく解毒(デトックス)できます。

プチ断食が一部で絶賛されているのは、ダイエット目的もありますが、一時でも悪いものを体の中に入れないというデトックス法であり、断食は医師のもとで行うことは体のお掃除になると思っています。

しかし絶食や断食をひとりで行うことは、人の物事の基準違いで間違った方向にいきやすく、自分は大丈夫!と思っていても精神的肉体的に負担になる結果になりかねません。

まずは、重金属を体に入れないようにする!自然に入ってしまったものは、食事によって解毒する!と心がけることからはじめましょう。

 

ホットケーキミックスのアルミニウムと添加物を検証

ホットケーキミックスなどの粉ものの食品表示で膨張剤の成分やアルミ含有量の表示は義務づけられていませんが「アルミフリー(不使用)」と明記した膨張剤や、膨張剤に重曹を使用していて、膨らみは若干悪くても安全な物を使用しているミックス粉も販売されています。

ホットケーキの膨張剤に含まれるアルミニウムが幼児・子供の摂取量制限を超えてしまうという報道がされたことで「アルミフリー」のホットケーキミックスが増えているという嬉しい動きもあります。

ランキング!アルミフリーであっても添加物はいまだに多いホットケーキミックスもあるので検証

ホットケーキミックスで第1位を誇る「森永 ホットケーキミックス」に添加物多いのが残念です。

 

今ある我家のホットケーキミックスは?
ホットケーキミックスなどに含まれる膨張剤の危険性01イオンオリジナルブランド・トップバリュ「ホットケーキミックス」

<原材料>
小麦粉、砂糖、粉末水あめ、ぶどう糖、食塩、ベーキングパウダー、香料
※ベーキングパウダー:アルミフリー
※砂糖:遺伝子組み換えではない てん菜

小麦粉が国産なのか輸入なのか不明で、表示されていないので輸入の小麦である可能性が高いことは残念!
心配しているベーキングパウダーはアルミフリーであることと、砂糖にてん菜を使用しているのは嬉しいですね♪香料を入れなくてもいいのに…とも思ってしまいます。

 

 

ホットケーキミックスなどに含まれる膨張剤の危険性!02 成城石井のホットケーキミックス

<原材料>
小麦粉(国産)、糖類(砂糖・ぶどう糖)、でん粉、粉末油脂(乳を含む)、食塩、植物油脂、全卵粉末、トレハロース、ベーキングパウダー、加工でん粉
※ベーキングパウダー:アルミフリー

良さそうなお店として「成城石井」のものは通信販売で購入しています。
私は国産小麦粉であることと、アルミフリーを探していたのですが、粉末油脂が気になります。
粉末油脂は油脂を乳蛋白や糖質で包み込んだ粉末状の素材のことで、わざわざ粉末油脂や植物油脂ホットケーキミックスに入れる必要がないと思うのですが、口当たりがよくなるので高級感を出すためでしょう。ちょっと残念!

ホットケーキミックスなどに含まれる膨張剤の危険性!03

ホットケーキミックスの代表格「森永 ホットケーキミックス」

<原材料>
小麦粉、砂糖、植物油脂、小麦でん粉、食塩、水あめ、ベーキングパウダー(※)、乳化剤(大豆由来)、ガゼインNa(乳由来)、香料、着色料(ビタミンB2)
※ベーキングパウダー:アルミフリー

どのお店に行っても、安く売っている「森永のホットケーキミックス」は気になる添加物が多いので、今後は購入見合わせにする予定です。
小麦粉は国産表示をしていないので、外国産の可能性が高いですね。
乳化剤・ガゼインNa(乳由来)、香料、着色料(ビタミンB2)は、なぜ必要なのでしょうね…。
やはり「おいしい・いい香り…保存事情」と消費者に気に入ってもらうために、譲れないものがあるのでしょうね。

ホットケーキミックスなどに含まれる膨張剤の危険性!

おすすめのホットケーキミックス!

桜井食品 ホットケーキミックス

<原材料>
小麦粉(岐阜県産)、砂糖(ビート糖=てん菜)、食塩、膨張剤(重曹)(※)
※重曹使用のため、アルミフリー

国産小麦と砂糖にもてん菜を使用し、ベーキングパウダーの役割をする重曹にしてあることで、曇りなく純粋に良いホットケーキミックスですが、やはり膨らみ方や柔らかさを比べると、硬さを感じてしまいます。

 

体にやさしいものを子供達に食べさせてあげたいし、何でもフワフワでなくてもいいのではないか?と思っているので、我家のホットケーキミックスは「桜井食品のホットケーキミックス」に決定します♪
粉製品の注意の記事です。合わせてお読みいただくと、お役にたてるかもしれません。







サブコンテンツ