ZUTTO



WordPress制作1年後はてなブログをつくってみた!違いは明らかでも両方維持!

mo0032

商売としてWordPressとはてなブログを考えてみた

WordPressでサイト制作生活を1年作り続けてきて、なぜトラブルになっているのかさえもわからず、アドセンスを止められたりと怒涛の1年。

ペンギンアップデートって何?と思いながらも、必死に直してきました。

記事を書き続けることに専念した1年ですが、レンタルブログではどんな感じ?…ということで、「はてなブログ」を作ってみました。

TOMOIKU 共育-21世紀  「TOMOIKU」はセンスある生活を共に育む*経営30年で想う

商売でイメージする、WordPressとはてなブログの運営をこう考えてみました。

WordPress—小さな個人商店で、取り扱う商品から建物・セキュリティ・掃除まで、すべて自己管理が必要です。

自分の管理によって永久的に存在でき、起動修正も自分が主導権を握って、自分の管理下にある財産になるので、大きな会社組織にできる可能性が高いです。

はてなブログ—大きなテナントビルに入居して、取り扱う商品は自由。セキュリティなどはビルの管理会社に委ねているが、無料と有料という違いによって、掲載順位はスタートの時点で違います。テナントビルの方針によっては自分の商品及び財産にならないことも発生する可能性があります。

はてなブログはテナントビルに出店しているようなイメージで、自分のブログを訪問してくれる可能性は街の隅で営業しているWordPressよりも高いイメージです。

WordPressは管理が大変だけど財産に!

WordPressを使い始めた大きな理由は、他の記事にも多く書いてきましたが、まずはHTML・SEO・CSS・Web制作の全般の知識を得たかったからです。

WordPress本体自体のデザインからプラグインの相性が合わないだけでいっぺんに画面が白くなったり、バージョンアップによるカスタマイズも考えなければいけないので、記事を書くこと以外に、次々とやらなければいけないことがあります。

ペンギンアップデート・重複やブロックされたリソースなど、トラブルがある度にパニックになり問題を解決するために調べる作業が必要でした。

SEO対策としてkeywordやDescriptionの設計も大変で、Googleは常にSEOを進化させているので常に情報を得て対策を考えなければなりません。

はてなブログ記事を書くことだけに専念できる

ブログ制作の技術を学ぶことに時間を割くよりも、コンテンツそのものに時間を投資したい方は、はてなブログに限らず無料でレンタルブログができるところで作る方がよいと思います。

記事を書く以外に気をつけなければいけないWordPressに対して、はてなブログは、カスタマイズの自由度は低いです。

テーマのバージョンアップやプラグインという概念がないので、記事の執筆に専念しやすい環境があります。

WordPressをつくって1年間、サイト構築からはじまってほぼひとりの作業から、はてなブログはコミュニティのような雰囲気があるので運営し続けるにあたり孤独感はないと思います。

使ってみると記事を書くことに専念しやすい環境です。

結果WordPress?はてなブログ?

メリット・デメリットはあなたの考え方で、自分のブログは自分で管理して財産にしたいと思われる方は、WordPressで!

ひたすら記事を書くことに専念したいと思われる方は、はてなブログで!

私はコンテンツが重ならないように、WordPressとはてなグログと2つのサイトをそのまま運用していこうと思います。







サブコンテンツ