ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




デジタルウォッチのデザインが進化!健康管理や天気予報など多機能な腕時計

デジタルウォッチのデザインが進化!

デジタルウォッチは健康管理や天気予報ができる最適な腕時計

時計にはデジタルとアナログがありますが、それぞれにどちらも魅力がありますね。

デジタル時計の魅力はアナログ時計には表示できない、多機能性がアップされていて、デザインもクロノグラフを感じられるようなものから、シンプルなものまで様々です。

安いものでも、基本的な機能としてアラームやストップウォッチ、カレンダー、タイマー、がついているため、便利に使用することができるので魅力的です。

デジタル時計の場合はアナログと比べて時間のズレが少ない正確性と、機械部分が少ないので、壊れづらく耐久性が高いことも魅力のひとつではないかと思います。

最近では、GPS搭載の腕時計や心拍数が計測、歩数計やカロリー計算機能が備わった腕時計や、天気予報、高度計 気圧計 電子コンパス 方位計なども搭載されていて、自分の目的に応じた時計が多種あると思います。

その利点を生かして進化されたデジタル時計は、アウトドア派に魅了されているひとつとなり、ファッション性も高いデザインが多くなってきたので、ビジネスや休日のファッションを楽しむ方も増えてきています。

 

健康管理ができる腕時計がとても便利!

 

現在時間・アラーム・ストップウォッチなど従来の時計機能はもちろんのこと、脈拍・消費カロリーを表示できたりと、選択できてます。

多少の防水機能がついていて、雨でも安心フィットネスに適したデジタル腕時計など、 多機能のうえ洗練された快適なデザインです。

予め設定された年齢、体重、性別、エクササイズ中の環境に基づいてデータを表示して、エクササイズ中の脈拍数と消費カロリーを計算します。

健康管理+天気予報までしてくれるアウドドア派に便利!コスパがいい腕時計

機能性腕時計

 

高度や気圧・天気予測・デジタルコンパス機能など、ハイキングや登山などでは重要な役目をしてくれる測定機能は、アウトドア派の方には欠かせないですね!

歩数計やクロノグラフ機能も付いているので、日常生活やランニング等でも使用できるので、健康管理もできます。

簡単な操作で様々な機能を使用できるので、自然をもっと楽しむことができますね。

・歩数計:歩数/消費カロリーの表示 時速/移動距離の表示
・高度計:現在地の高度の表示 過去8時間グラフ表示
・気圧計:現在地の気圧の表示 過去30時間グラフ表示
・天気予測:気圧の変化を元に、今後の天気を表示
・デジタルコンパス:方位の表示 方角や磁北を表示
・気温表示:現在の気温を表示
・クロノグラフ・99:59:59まで計測可能
・クロノグラフデータ確認モード:ラップごとのタイムの確認
・アラーム:2つのアラーム設定(アラーム1、アラーム2)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドイツ製センサー搭載 [ LAD WEATHER ラドウェザー ]ブランド デジ…
価格:6690円(税込、送料別) (2016/11/4時点)

・ドイツ製センサー搭載
・天気予測:気圧の変化を元に、天気を4つのアイコンで予測
・高度計:現在地の高度の計測
・気圧計:現在地の気圧の表示
・デジタルコンパス:方位や角度の表示
・気温表示:現在の気温を表示
・クロノグラフ:99:59:59まで計測可能
・アラーム:2つのアラーム設定
・カウントダウンタイマー:99:59:59まで計測可能

 

・スイス製センサー搭載
・天気予測:気圧の変化を元に今後の天気をアイコン予測
・高度計:現在地の高度の計測
・気圧計:現在地の気圧の表示
・デジタルコンパス:方位と角度の表示
・気温表示:現在の気温を表示
・クロノグラフ:99:59:59まで計測可能
・アラーム:2つのアラーム設定
・カウントダウンタイマー:99:59:59まで計測可能
・ペースメーカー:警報を鳴らすことができる

 

 

センスが光るデジタル時計はコレ!

モダンなデザインと、日常の活動を歩数とカロリーで記録、追跡でき、自分のスマートフォンの着信履歴、SMSやプッシュ通知の最新情報の表示も可能など、多目的に使える機能が搭載され普段使いにも最適です。
北欧デザイン特有のシンプルでかつ存在感
ミニタリーに感じさせない品位も併せ持っているデザインはビジネスパートナーになります。

北欧デザイン特有のシンプルでかつ存在感

SUUNTO(スント) 腕時計 Traverse Alpha Foliage 詳細はTOMOIKUの記事でお役に立てると思います。

 







サブコンテンツ