ZUTTO



急な雨対策!軽量傘とレインコート?カバンに準備する子供から男女までコレがおすすめ!

急な雨対策

急な雨対策は、晴れに日に持ち歩いても負担のないものに!

最近、急な雨が多くて、それも、ゲリラ豪雨!

緊急避難として、天気予報を確認して激しい雨の場合は雨宿りをした方がいいようです。

1時間経つと小雨になる場合が多いとのこと。

そして地下に避難をすることは、地上の様子も確認できず危険とのことでしたので、地上で様子をうかがうようにしましょう。

最近の雨は、傘を持っていてもほとんどびしょ濡れ!意味ないよ!…という声がでてしまいますね。

そんな通勤通学、幼稚園の送り迎え、お買い物の時、急なゲリラ豪雨や台風の対策に、心強い味方になってくれるのがコレ!

 

急な雨対策!レインポンチョの魅力は子供から大人まで!

私は、レインポンチョを着て、カバン等の所持品もそのまま中に入れてしまいます。

機能性だけではなく、オシャレなデザインも魅力的で、雨の日が楽しくなるレインポンチョです♪

大きなバックパックを持っているあなた…背負ったバックも濡らさないでそのまま着用できるポンチョはとても便利です。

 

豪雨の時でも、男女兼用大きくて濡れないポンチョ急な雨の男性用対策

軽量でしなやかな素材で、脇とすそが大きく開くので蒸れにくく、すそにたるみができにくいデザインが動きやすいです。

昨今の雨は、傘をさしても洋服が濡れてしまうことが多く、洋服が傷んだり、雨に濡れた独特の匂いもしますね。

出かける前に降っている雨対策は、カッコいいトレンチ風レインコートで颯爽と出かけられますが、出先の急な雨の場合は、バッグにしのばせておくのに邪魔にならず軽いものでなければなりません。

温暖化で異常気象の今は、いつ雨が降るかわかりません。

男性ははずかしいと思っている方もいるようですが、背広が濡れた後のことも考えて、是非用意していただきたいと思ってしまいます。

ズボンはともかく、上着が濡れるのは洋服にとって大打撃ですよ。

 

楽天でランキング1位だけはあるな…と思う、私のお気に入りのレインポンチョ♪

コンパクトになることが絶対条件です!

雨の日対策コンパクト傘の素材と同じナイロン100%で軽い

 

雨の日対策ポンチョ

 大きめなのは男女兼用で大きなバックがポンチョの中に入るように作られています。雨の日対策サイズ
子供のお揃いも用意してあるのが嬉しいですね♪
カバンを背負ったままでも着られるので、かばん類が濡れるコトなく雨の道のりを過ごせます。

子供の雨の日対策子供のポンチョも小さく携帯できる大きさです。

 

 

傘は小さくて軽いものを用意したい!

突然の雨や思わぬ日射し、通勤や通学、旅行中にも大活躍してくれる折りたたみ傘。

毎日の携帯は意外に大きさや重さを感じてしまい、気になってしまうもの。

軽い傘・小さい傘をご紹介!

 

ナント!100g以下365日持ち歩きたい90gの傘

このAir-lightは、スマホより軽く、重さたったの90g。

シャフトの一部にカーボン素材を使用することで、軽さと強さを実現。

サイズも折りたたみ傘としては、一般的な親骨サイズ50cm。

男女兼用
カラーもユニセックス対応、ビジネスシーンにも使えるブラックやネイビーの無地色からポピュラーな柄まで揃っていますよ。
■サイズ
【親骨】 約50cm
【折りたたみ時】 高さ 約 21cm × 直径 約 4cm
【開いた時】 直径 約78cm  全長 約47cm
【重さ】 約90g
■親骨の数 5本骨
■3段折
■素材 ポリエステル 100%
■手開き傘
■開閉方法 ホック式
■UV 有

 

 

四角くてカバンに収納しやすくとにかく小さい!

カバンにしのばせたいけど邪魔なんて言わないで!

 スマホよりちょっと大きいぐらいの大きさなので、邪魔になりません。
急な雨対策傘雨の日対策サイズ全長:47cm 直径:83cm 親骨の長さ:47cm 重量:約200g

 

靴やカバンを水から守ろう!

出かける前から雨が降っているのであれば、用意していた素敵な長靴も履けますが、急な雨の時、お気に入りの靴にダメージは与えたくないものですね。

ツヤ革、起毛革等の天然皮革靴やその他の革製品、布地、人工皮革に使える、防水・撥油・防汚の効果を与え、靴を保護するプロテクティブスプレーをすることで、皮のひび割れなどから守ることもできます。

日本製 コロンブスのアメダス

長い間私は、このアメダスを使っています。

気が向くとシューとするだけですので、カンタンに靴やバックを雨から守れます。

汚れを付きにくくし、シミを防ぐ防水保護スプレーで防水・撥油・防汚の効果を与え、靴を保護します。

皮革の柔軟性や通気性を損なうことなく、皮革繊維1本1本にフッ素樹脂をコーティングします。

大きなカバンを持つことなく、雨から身を守りましょう。

風が強いでも、ポンチョだったら上半身は濡れないですみますね。

これから毎年雨の量が増えて、思いがけず豪雨になるようです。

準備しても邪魔にならない範囲で、用意しておきましょう。







サブコンテンツ