ZUTTO



2.犬の長寿の秘訣?手作り食!不安だったらドッグフードの成分を身近な食材に置き換える

2.犬の長寿の秘訣
前のページ

1.犬の長寿の秘訣?ドッグフードのメリット?デメリット!脳の活性の食事法と病気の時の対策

長寿の秘訣は飼い主と愛犬の食事の見直しを!

手作り食での不安材料は、果たして自分が作る食事で、栄養をじゅうぶんに愛犬に与えられるか?ということだと思います。

そのように考える場合、自分の食事が栄養価を満たしているものであるならば、心配ご無用!

もし自分の食事も心配であるならば、ちょっとの基本を知ることで、劇的に健康的な生活にかえることができると思います。

犬の手作り食の原理は、とにかくシンプルで簡単です。

それを難しいと感じるようであれば、間違った情報を信じ込まされているか自分の食事法も考えなおした方がと思った方がいいでしょう。

手作り食を実践している飼い主さんたちによると、犬も手作りの方が喜んでくれるという意見が圧倒的に多いです。

愛犬が、私が台所に立ってごはんを作っていると、楽しそうにしっぽを振って待っていてくれる。

手間はかかっても、その喜んでいる様子を見るとがんばれますね。

愛犬の食事を考えるきっかけに自分の食生活を見直してみましょう。

食べてはいけない食材を抜いて、ひとつの鍋に食材を入れて調理するという簡単な料理法で、食材も愛犬の体調をよく観察しながら今日の食事を決めるというのも悪くないのでは

ないでしょうか。

犬に食べさせてはいけない食材についての記事です。

ドッグフードの成分は身近な食品で代用できる!

手作り食で不安になるのは、自分で作るごはんで栄養をじゅうぶんに与えられるのだろうか?ということです。リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座トップページ

ドックフードで不足になりがちな水分は、手作り食では満たされるので、解毒作用効果は期待できます。

愛犬のドッグフードに含まれる成分は、私たちの身近にある食べ物ですべて置き換えられます。

ただし、フードに含まれる特殊成分などは別ですが、そういう特別な食材はメーカーの差別化するために加えたもので、特別に必要とするものではないと考えます。

犬は自然界での生活圏の中にある食べ物だけでまかなってきたのですから、森の奥に生えるきのこやハーブを特に食べさせなくてもいいのではないでしょうか。

そのような特殊成分は病気になってしまった場合、薬効を期待するような場合に加えてあげればいいのです。

犬は人間の食事の残り物を食べて家畜化されてきた動物なので適応能力があり、野菜や果物などいろいろなものを食べることができ、現に、昔の犬はそうやって残り物だけで元気に暮らしていました。

現代に至っては、人間もその残り物で使用したごはんの方が、みそ汁や野菜と魚など、栄養があったのではないか?と思うような素材が多いですね。

また、手作り食に踏み切れない飼い主さんには「犬は人間の何倍ものミネラルをとらなければならない」と気にする方が多いのですが、骨や肉にこだわる必要もなく、動物性食品より野菜や海藻に含まれる方が吸収効率が優れています。

必須アミノ酸の不足を心配する人も同じですが、ベジタリアンに徹した生活でもしない限り、欠乏して悪影響が出るようなことはないのです。

 

ドッグフードの成分を身近な食材に置き換えてみる

ドッグフードの袋に記載された原材料を確認すると、サプリメントの集合体のような聞き慣れない成分がいっぱい並んでいますが、一見難しく見えるこれらの成分を私たちの身近に置き換えてみよう。

成分名を覚える必要もなく、満遍なく食べていれば健康的な食事であることを感じられればいいと思います。

<獣医 須﨑恭彦 書籍参考>

成分名 身近な食品 置き換え食材
DLメチオニン<DLは合成の意味> 卵・肉・魚類 鶏肉
D-ビオチン レバー・卵黄・大豆・バナナ
L-アスコルビン酸ポリリン酸塩
<酸化防止剤として添加されるビタミン>
食品添加物 不要
L-カルニチン 羊肉をはじめとした赤身の肉 ラム肉
アシドフィルス菌発酵物 ヨーグルト ヨーグルト
アスコルビン酸 野菜・果物 ブロッコリー
アミノ酸キレート化マンガン 茶葉・種実・豆・穀物 のり
アミノ酸キレート化亜鉛 カキ・牛乳・玄米 小松菜
アミノ酸キレート化銅 牛レバー・ナッツ・きのこ 牛レバー
オメガ-3 脂肪酸 亜麻仁油・菜種油・魚油 イワシ
オメガ-6 脂肪酸 紅花油・ひまわり油・コーン油 コーン油
キレートミネラル
(亜鉛、銅、マンガン、鉄)
亜鉛・銅・マンガン
鉄…レバーなど肉類・海藻
小松菜・牛レバー・のり
牛肉
グルコサミン塩酸塩 甲殻類の外皮・山いも 山いも
タウリン 貝類 シジミ
チアミン 玄米(精白度の低い米)・豆類・豚肉 豚肉
チアミン硝酸塩 ビタミンB1化合物で合成されたもの 豚肉
ドコサヘキサエン酸(DHA) 青魚類 イワシ
トマト粗 トマト トマト
ドライイースト パン(食パンなどフカフカのパン) 自然発酵パン
ナイアシン レバー・豆類・緑黄色野菜 牛レバー
ナチュラルフレーバー 植物精油・ムスク・シベット・カストリウム・アンバーグリース 不要
ニアシン<ナイアシン> レバー・豆類・緑黄色野菜 牛レバー
パントテン酸カルシウム パントテン酸の不足を補うための薬 牛レバー
パントテン酸 レバー・卵など多くの食品 牛レバー
ビオチン レバー・大豆・バナナ 牛レバー
ビタミンAアセテート
(ビタミンA酢酸)
ビタミンAを化学処理したもの 牛レバー
ビタミンA酢酸塩 ビタミンAを化学処理したもの 牛レバー
ビタミンB12 肉類・魚介類・卵 牛レバー
ビタミンB12増補剤 肉類・魚介類・卵 牛レバー
ビタミンD3(活性型ビタミンD) イワシ・カツオ・マグロ・レバー・肝油 シャケ
ビタミンD3増補剤 イワシ・カツオ・マグロ・レバー・肝油 シャケ
ビタミンE 油脂類・種実類・かぼちゃ かぼちゃ
ビタミンE増補剤 油脂類・種実類・かぼちゃ かぼちゃ
ピリドキシン塩酸塩<ビタミンB6> 肉・魚介類・バナナ・卵・さつまいも シャケ
ヘキセメタリン酸ナトリウム 食品添加物 不要
マンガン蛋白 植物性食品・水 のり
マンナンオリゴ糖
(プレバイオティック)
酵母・きのこ類 ごぼう
メナジオン重亜硫酸ナトリウム
(活性型ビタミンK源)
シャケ・納豆 納豆
メンハーデンフィッシュミール メンハーデンという魚 イワシ
ユッカエキス ユッカの茎 納豆
ユッカ抽出物 ユッカアラボレセンス・ユッカシンゲラ 納豆
ヨウ化カリウム 昆布 昆布
ヨウ素塩酸カルシウム 昆布 昆布
ヨウ素酸カルシウム 昆布 昆布
リボフラビン 卵・肉などの動物性食品
レシチン 大豆・卵黄
亜セレン酸ナトリウム セレン イワシ
亜鉛蛋白 レバー 豚レバー
亜麻 亜麻(アマ科の植物) ごぼう
亜麻仁ミール 亜麻の種子 ごぼう
塩化カリウム にがり・岩塩 バナナ
塩酸グルコサミン カニやエビの殻 山いも
塩酸ピリドキシン
(ビタミンB6製剤)
大豆・バナナ・シャケ・レバー カツオ
魚油 青魚(アジ・サンマ・サバなど) イワシ
枯草菌発酵物 納豆(納豆菌は枯草菌の一種) 納豆
酵母発酵物 アルコール・パン・チーズ 天然酵母パン
黒麹菌発酵物 泡盛・黒麹酢 納豆
細粒ビートパルプ 食物繊維 ごぼう
酸化マンガン マンガン のり
酸化亜鉛 化合物で医薬品として利用される 小松菜
脂肪 油脂類・脂肪の多い肉(霜降り)・種実 鶏皮
醸造酵母 ビール 天然酵母パン
醸造用乾燥イースト ビール 天然酵母パン
粗脂肪 油脂・畜肉 鶏皮
粗たんぱく質 畜肉・魚介類・卵・乳製品 鶏肉
粗灰分 野菜・海藻・大豆 納豆
第二リン酸カルシウム あらゆる動植物 昆布
炭酸カルシウム 石灰石 卵の殻
炭酸コバルト 動物性食品 牛レバー
腸球菌発酵物 納豆・みそ 納豆
鉄蛋白 赤身の肉 マグロ
天然香味料 植物精油・ムスク・シベット
カストリウム・アンバーグリース
不要
銅蛋白 牛レバー・シャコ・桜エビ・種実類 牛レバー
乳酸球菌発酵物 ヨーグルト・漬物・みそ 納豆
米麹菌発酵物 米のヌカなど+食品発酵に有効な微生物 納豆
葉酸 ほうれんそう・小松菜などの葉野菜 小松菜
硫酸コンドロイチン
<原材料はサメひれの軟骨など>
関節の炎症を抑えるための薬 鶏皮
硫酸マンガン 乾燥剤・無機顔料に使用される 小松菜
硫酸亜鉛 顔料・防腐剤・点眼薬などに使用される 小松菜
硫酸鉄 鉄欠乏性貧血を予防するための薬 マグロ
硫酸銅 青色顔料・防腐剤・殺菌剤として添加される 不要

難しい栄養成分など、普段の食事を基本にしても決して難しく感じないのではありませんか?

満遍なく食べることが大切なのです。

次のページ

3.犬の長寿の秘訣?犬に必要な栄養素の確認をして、体調不良時に役立てよう!







サブコンテンツ