ZUTTO



桐谷美玲「ストレートネック」首に障害!枕(まくら)が美しい顔と健康な体を作る!

枕(まくら)が美しい顔と健康な体を作る

桐谷美玲「ストレートネック」って何?

高級ベットの枕元にはおしゃれなクッションがいくつか並べられていて、フワフワして頭がもぐってしまうような枕がゴージャスな睡眠という、海外映画のワンシーンに憧れたものです。桐谷美玲ストレートネック

ぺったんこ布団にそば殻の枕なんて…今では修学旅行でも経験できなくなっているのではないでしょうか。

その「枕-まくら」オリジナルにオーダーできるほど、特別なアイテムになりました。

なぜなら、睡眠内容の重要性や体勢による健康法などが話題になり、枕ひとつで人生が変わってしまうからです。

人生の3分の1は「睡眠」という時間を過ごしているので、健康や美容に無関係なはずありません。

昔のように姿勢が悪いと注意されることがなくなり、パソコンやスマホの普及によって、多くの人が前かがみになり背中が丸まってきています。

パソコンスマホなどの操作のために、前かがみの姿勢になっている人は、「ストレートネック」になってしまっている可能性があるのです。

ニュースZEROで、長時間のスマホやPCの使いすぎによって「ストレートネック」になる若い方が増えているという特集で、首を横から見たら後方に弓なりにカーブしているはずなのですが、前向きに真っ直ぐになってしまう障害のことです。

桐谷美玲さんも同様、「ストレートネック」になっているようで、詳しくは映像をご覧ください。


よく女子社員が肩こりが酷くて…と悩んでいた時代から、駅を見渡せばスマホを触っている方がほとんど!

今の時代が作った「障害」と言ってもいいでしょう。

放っておくと肩こりや睡眠の質を下げる原因になり、美容にもよくありません。

顔の運動やマッサージなどの解決策もありますが、今日は「睡眠」に焦点をあてて調べてみます。

ストレートネックになると何が障害になるのか

十分な睡眠をとることは、生きる上で必要不可欠なことで、良質な睡眠がしっかりと取れているか否かによって、翌日の健康状態・肌の感じ…作業効率など、体の調子は大きく変わります。

良質な深い眠りにつけているときには、成長ホルモンがたくさん分泌されて、老化防止や代謝アップ・抵抗力増加・長期的な美容・精神の安定・健康作りにも役立っているのです。

そして、ストレートネックの姿勢になっているために、胃が押され胃下垂など、体内的なダメージも大きく、睡眠中もストレートネックの姿勢だと、どんどん悪化していくのですが、急いで治そうとすると姿勢に無理が生じて背中が痛くなるで、年月をかけて少しずつ調整して枕を調整するしかないと思います。

ストレートネックの姿勢で睡眠をとる方のほとんどは、枕が高い(大きい)のが特徴だと思います。

枕が高くないと、体が痛くなるからです。

しかし、その行為は悪循環で姿勢の問題と同様、枕が高いと頭が高く、顎をひいた状態になり、首にシワがよってしまいます。
一日の3分の1の時間、毎日このように首にシワをつくっていることになります。

枕の高さによっては、首のコリや肩コリにもつながり、コリは血流を悪くするため美肌にも悪影響を与えてしまうのです。

首をしっかりサポートしてくれる「バスタオルまくら」

私が「バスタオルまくら」をおすすめする理由

  • 自由に高さを調整しながらくるくると巻くだけで簡単
  • バスタオルを自分だけに良い、健康まくらを瞬時につくれること。
  • ストレートネックになっている場合、時間をかけて調整しながら高さを作ることができる。
  • 枕よりも、気軽に洗濯や日干しが可能で衛生的であること。
  • タオルは適度な固さがあり、首が自然な角度を保つことができる。

良質な睡眠における理想の枕というのは、寝ている姿勢と立っている姿勢が自然とつくれる枕であること言われています。

まっすぐに立っているとき、胸を貼ることで胃下垂にもならず肩も楽になり、顎の位置が下がらず首にシワができませんね。

頭が沈み込む、首に負担がかかることなく顎の位置が下がらない、頭のサイドにはボリュームがあり、サイドからも頭をサポートしてくれる形になっているものがおススメ。

作り方:バスタオルとビニールの紐があれば簡単

バスタオルを1枚用意し、バスタオルを長辺で二つ折りにして、細長い状態にします。
くるくると転がすようにして丸めてバスタオルを筒状にします。
自分のサイズにあった形が崩れないように、両わきをビニールの紐などで固定してください。
「バスタオルまくら」は、首の下に敷くようにして使ってくださいね。

今日からでもできる自分用のまくら。

できることなら、汗をかく肌のためにもオーガニックのバスタオルがおすすめです。







サブコンテンツ