ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




ウイスキーとチョコレートの香りと味のマリアージュ!相思相愛大人のチョコの選び方

ウイスキーとチョコレート

ウイスキー&チョコレートは最高の相性

ウイスキーのおつまみにチョコレートを選ぶのが、人気になっています。

チョコレートボンボンが好きな方、センスいい大人のいただき方になっているのでは?

あなたの好みのウイスキーに相思相愛のチョコレート選択して、オシャレで大人なチョコレートタイムを過ごしてみてはいかがでしょう。

なぜウィスキーとチョコレートが合うの?

樽の香ばしい香りと自然な甘みが特長のウィスキーと、カカオ由来の香ばしい香りと甘い香りが特長のチョコレートと共通性がある苦味成分とも、口の中にとろける感じに違和感がないのです。

樽熟成による特徴     

1.華やかな香り
2.甘い香り
3.樽の香ばしい香り
4.樽成熟の自然な甘み

チョコレートの特徴

1.華やかな香り
2.甘い香り
3.カカオ由来の香ばしい香り
4.チョコレートの甘み

サントリーHP 参考

それぞれの味わいのキーワードを押さえて選ぶことによって、ウイスキー初心者の方でも最高の香りと味のマリアージュを楽しむことができます。

例えば「なめらかな甘み」のウイスキーには、「ミルク系」のショコラが相性抜群というように、はじめは似たもの同士を合わせてみましょう。

味の感じ方は人それぞれなので、ウイスキーをいただいた味と香りの感覚のヒントで、自分流にマリアージュができるようになります。

「味や香りを感じたい」という観察によって、ウイスキーに隠れていた繊細な香りや味わいに気づいたり、普段いただいているチョコレートの新しいおいしさを再発見できます。

甘く香り豊かなチョコレートは、ウイスキーのおつまみにぴったりなのです。

ウイスキーとチョコレート…どんな組み合わせがいいのか?

ウイスキーダークチョコレート

ウイスキーそのものの味わいを愉しむにはお互いが相手の個性や深みに負けずに、味わいを高め合う組み合わせを選ぶため、カカオの含有量が多くて深みを感じる「ビター・チョコレート」から試してみるといいでしょう。

ウイスキーのいただき方でも、口の中の冷え方によってチョコレートの味の感覚は変わっていき、香りや余韻が大きく変わるのがウイスキーの奥深さです。

ウイスキーをストレートなど常温で味わう場合は、ファインチョコレートをそのまま合わせて…ハイボールなど冷たくしていただくウイスキーの場合は、口の中が低温でもテクスチャーに変化のない冷やした生チョコレートがおすすめです。

 

わたし流のチョコレート探し

自由が丘クーベルチュールチョコレート割れチョコの訳あり品です。

詳細は蒲屋忠兵衛商店で!

多種類のチョコレートをウイスキー飲みながら、相思相愛チョコレートを探しています。

チョコレートだけでも、十分お得感があるのですが、ウイスキーに合うチョコレートを知るために購入して正解でした。

好みのチョコレートが見つかったら、単品で購入しています。

もう…チョコレート好きにはたまらない種類豊富のお店です。

ウイスキー

ストレート

おすすめチョコレート:ダークチョコレート カカオ70%

常温のウイスキーをそのままグラスに注ぎ、別のグラスに氷入りの天然水をチェイサーとしていただくストレートに合うチョコレートは、ダークチョコレート!

軽いスモーキーさと果実味をダイレクトに感じるストレートには、バニラやクリームなどの甘い味わいをもつダークチョコレートがぴったりです。

チョコレートの余韻にウイスキーをつなげてお楽しみください。

ロック

おすすめチョコレート:ガナッシュ・生チョコレート

冷やしたグラスに大きめの氷を入れてウイスキーを注ぐロックは、ウイスキーが冷やされてアルコールの蒸発が抑えられて、揮発成分が穏やかに感じられます。

冷えたガナッシュは、ウイスキー濃厚な風味が、ガナッシュのカカオ風味と融け合い、ウイスキーとチョコレートを同時にいただくことで、新感覚のアイス・スイーツのようになり、とてもおしゃれなことから、女性に大人気です。

トワイスアップ

おすすめチョコレート:ダークチョコレート カカオ60%

ウイスキーと同量の常温の天然水をグラスに注ぐトワイスアップは、香味が一番感じられる飲み方で、ストレート同様、ダークチョコレートがおすすめ。

トワイスアップにすることで、優しいハーブ香が引き立ち、透明感のある穏やかな苦味とやさしいカカオ風味がクリアに絡み合い、深みのある余韻を加えてくれます。

水割り

おすすめチョコレート:オランジェ

ウイスキーに天然水(好みで氷)を注ぐ水割りは、アルコール感が薄まり、穏やかで優しい甘さになります。

砂糖漬けのオレンジにチョコレートをコートしているオランジェは、オレンジのフレッシュな酸味・甘み・ほのかな苦みと、柔らかな甘味のミルクチョコレートが絶妙なハーモニーを奏でてくれます。

ウイスキーとオランジェを同時にいただくことで、ウイスキーの苦手な方にも好まれる味わいなのでとても魅力です。

サントリーHPの「ウイスキーとチョコが合う理由」より

サントリーウイスキーとチョコレート

 

チョコレートのチーズケーキ風とか…コンビニにもたくさんのチョコレートが並んでいます。

身近にあるチョコで「大人の時間「語る女子会」をお楽しみくださいね。







サブコンテンツ