ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




緊急地震速報!安全確率が高い場所は「三角スポット」机の下の避難じゃない?

出典 blogimg.goo.ne.jp

出典 blogimg.goo.ne.jp

緊急地震速報の数秒で運命が変わる

半音を交えた危険な音「緊急地震速報」

その瞬間に、人はどのような行動をしているのでしょう。

私は愛犬の頭と体にひざ掛けをかけて、じっと動かず様子伺いをするだけでした。

孫はママのお膝の上でじっとしている…

大切な人や動物をそばに寄せて、様子を見ることしかできない数秒です。

現在はストーブをつけていないので、火の始末はないけれど、いったいどのくらい身の危険を守ることができるのでしょうか?

学校の避難訓練では、机の下に潜り込み最優先に頭部を守ることを学んできています。

しかし、地震の揺れている最中の映像を見ていても、TV局の方々もデスクの下に頭を守るような行動をとっているわけでもなく、恐怖の中で様子を伺っているというのが現実のようです。

何も起きなかったったら、とても恥ずかしさを感じる姿です。

でも、大きな地震がきたならば、何よりも「命を守る」行動になります。

もし、この場で大地震がおきたら…というシュミレーションが大切なのだと思います。

安全な確率が高いのは「三角スポット」

その机の下に隠れるという避難スタイルに疑問があるとのことなのです!

「三角の救命スポット」(Triangle of Life)と名づけられていますが、この三角地帯にいる事で100%の確率で救命が可能性があることは、世界中のテレビで既に報道されているとのことです。

私は、これまでに60カ国で875軒の倒壊した建物にもぐり込み救命活動した経験があります。すべての大きな被災地の現場で目撃した結果、地震の際の最も安全な地帯は、三角に空く隙間だという事です。

アメリカン・レスキュー・チーム・インターナショナル(ARTI)、隊長ダグラス・コップ

出典 blogimg.goo.ne.jp

出典 blogimg.goo.ne.jp

一般的に机などの下にもぐるという教育を受けてきましたが、建物が倒壊した時、机や車の中に入った場合には、ほとんどがつぶされてしまうのです。

大きな家具、タンスやベッド、ソファー等の「横の方が安全」です。

安全確率が高いのは「三角スポット」はココ
猫や犬は本能で警戒時には、身を低くしして丸くうずくまるような姿になりますが、人間も同じように家具の横で、頭を守りできるだけ小さく丸くうずまる方がと良いとのこと。
安全確率が高いのは「三角スポット」で安全
車の中にいた場合は、ほとんど助かることがない例として、サンフランシスコで起きた大地震の際、ニミッツ・フリーウェイ(橋)を車で走っていた人たちは、ほとんど車の中にいて、絶望的だった報告があります。
三角の救命スポット

車の中にいると上からものが落ちて来た時に完全につぶされてしまうのですが、横にいると三角に隙間ができて、助かる率があがります。

車を降りて車の横にいたなら、生存率はもっと高かったという結論です。

避難のシュミレーションをしておくことで、この場所ではこのような行動!…と、情報を収集しておくことも大切なことなのですね…

机の下しか避難場所がない場合だってあります。

瞬間の「危険回避能力」があなたや家族の命の行方を決めていくのです。







サブコンテンツ