ZUTTO



メープルウォーターとココナッツウォーター!栄養効果の比較のセンスある選択方法

メープルウォーターココナッツウォーター

栄養効果の比較のセンスある選択方法

一概にどちらがいいのかと一言で言い表すことができないのは、人はそれぞれ体質や生活が違うということです。

冷え性や体を冷やしたくない方は、メープルウォーターがいいでしょう…

スポーツをした後には、水分吸収率が高いココナッツウォーターものがいいでしょう。

食品を選ぶ時、迷ったらどの地域や国の物かも判断材料にしましょう。

暑い地域のものは体を冷やすような成分バランスがあり、寒い地域のものは春を迎えるにあたり自然の力を持っているものです。

そのような特性を比較していきます。

共通しているのは、どちらとも「自然の恵み」を凝縮しているミネラルやビタミンが豊富なお水であることです。

メープルウォーターとココナッツウォーターの比較

メープルウォーター ココナッツウォーター
寒い国の物(温活)
100mlのカロリーは約7kcal
暑い国の物(体を冷やす)
100mlのカロリーは約20kcal
  • さっぱりした味
  • アブシジン酸(免疫力UP・血糖値調整・肥満や糖尿病)
  • ポリフェノール(抗酸化作用)
  • ダイエット中(糖質制限中)
  • ビタミン・ナイアシン(お肌の新陳代謝)
  • リボフラビン(髪・皮膚・粘膜・爪などをつくるために細胞の成長)
  • カルシウム(イライラ防止や集中力の向上や骨粗鬆症予防)
  • チアミン(神経組織、筋肉、心臓が正常に働く)
  • まろやかな味
  • 電解質が豊富(水分補給有利)
  • カリウムが多い(むくみ解消・心臓機能や筋肉機能の調整)
  • ミネラル(スポーツ後体力維持・貧血予防や疲労回復)
  • カルシウム(イライラ防止や集中力の向上や骨粗鬆症予防)
  • ナトリウム(血圧の調節、酸の中和、神経の情報伝達、栄養素の吸収)
  • アルブミン(抗カビ・抗菌・抗ウイルス作用)
健康維持・美容・糖質系ダイエット 体力回復維持・むくみ系ダイエット
飲み時:日常の休憩時 飲み時:お風呂あがり・朝の目覚め後・運動後・熱中症対策
メープルウォーターの詳細はコチラ ココナッツウォーターの詳細はコチラ


体に良いからと、南国育ちのココナッツウォーターをガブガブ飲んでは、体を冷やしてしまい逆効果なんてことだってあることを知ることが大切です。

冷房のきいた部屋で、体を冷やしてはいけない妊婦さんが飲んで言い訳ありません。

しかし、外出先で暑くて体にほてりを感じたら、水分補給のために電解質が豊富なドリンクを飲むことは、体の負担もなく回復が早くなる可能性があるのです。

その時の流行だからと、ひとつの商品だけを継続することは、体の負担になることをご理解していただきたいと思うのです。

ただ、当分や添加物の多いドリンクを飲むよりは、体調をくずしていたり未病を感じているようでしたら、健康や美容…そしてダイエットのために上手に取り入れてほしいドリンク2点です。







サブコンテンツ