ZUTTO



Googleのウェブマスターツールで「URLの一部でレスポンスの遅延」とサイトマップの警告!

dg00481

URL の一部でレスポンスの遅延って何?

ウェブマスターツールは、Googleが公式に提供する無料のサイト改善ツールなので、利用されている方が多いのではないでしょうか。

とても便利なツールで、WebサイトがGoogleからどのような状態に見えているかがわかります。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために Search Console に登録する必要はありませんが、登録していただくとサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

ウェブマスターツール

昨日アドセンス停止事件から、ホッとしたのもつかの間、今度は「ウェブマスターツール」のサイトマップに警告が1件あるのを発見!

はぁ?また何か問題発生?!

ウェブマスターツール警告

問題:このサイトマップの URL の一部でレスポンスの遅延が生じています。

説明:このサイトマップにリストされている URL の一部でレスポンスの遅延が生じています。
サーバーまたはページのコンテンツに問題のある可能性があります。

警告されたURLにアクセスしてみたのですが、問題なくページは表示されましたが、info:URLで確認しても検索ではページはないと表示されたので、検索にかかっていないのでしょう。

調べてみると、同じ状況の方がいて、 まずはサイトマップを「再送信」すれば良いとのことだったので、再送信を行いました。

私の場合は、その後「警告」が消えたので、予想すると「サーバーエラー」が原因だと思われます。

主要な原因は3点

・重複ページがある。
・サーバーエラー
・リンクエラー

しかし、調べてみると、プラグインが関係していたりと、様々な原因があったり、一時的にサーバや回線問題が発生していた時に、Google のアクセスがあった場合に発生し、状況によってはサーバーに問い合わせなければならないこともあるようです。

そして、確率的に「WordPress」を利用している方に多いとのこと。

知識を得るより、トラブルのほうが先にくるので、いつもドタバタしてしまいます。

でも、問題が発生するごとに、必死に学ぶので「人間(私)は追いつめられたほうが迅速に動く」という話は、ホントですね。

取り返しのつかない問題になる前に、対策をしなくては!

ペンギンアップデートとか…パンダアップデートとか…深刻な問題になるのかな?







サブコンテンツ