ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




「気象病」の症状と対策!突然死や体調不良など天気予報から想像できる

「気象病」突然死や体調不良

天気予報とともに気をつけること

誰もが突然死には後悔の念を持つと思うのです。

突然自分に何か合った時、悲しむ家族が第一!突然死んでしまったら…

家族間のリズムが急に狂ってしまい、家族間に覚悟ができず、トラブルになる可能性もあります。

働いている場合は、会社に多大な迷惑をかけます。

誰も突然死をしたくないし、家族や会社だって亡くなった方に自分都合の言い分などいう人はもちろんいませんが、大変な思いをするのは確かです。

何よりも…朝、元気に「行ってきまーす!」という明るい声を二度と効くことができないことは、計り知れない苦しみでしょう。

もし、自分のために、そして家族や他人に迷惑をかけないように自分自身の健康管理を、健康診断の他に気象によって気をつけることがあるならば、やはり知識を得ていたほうがいいのでは?…と思うのです。

私は30年前に、大きな手術をしましたが、当時から天気を当てることができています。

体の不調加減で急に大雨が降るとか、本当によくわかります。

その逆の発想で、健康と思っている皆さんは「天気予報」で健康管理ができるのだと思います。

気象病とは?

 

近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する。あるいは悪化する疾患の総称。
代表的なものとして、「天気が悪いと古傷がうずく」天気痛・メニエール病・喘息・めまい症・うつ病・頭痛・腰痛・肩こり・神経痛・関節炎・リウマチ・じんましん・吐き気・心臓発作・脳出血などが知られている。
メカニズムの詳細は不明であるが、気圧を感じるセンサーからの信号により自律神経系のバランスが交感神経優位となり、それがストレス刺激となってさまざまな疾患のメカニズムを惹起するという考えがある。
また、気圧の低下により人体の押される力が減り血管が拡張しやすくなるのが原因。
主な治療法は、「規則正しい生活」、「十分な睡眠」や「正しい食生活」などであるが、他の原因による症状についてはこの限りではない。
体力のない人が気象病になりやすい。

<ウィキペディア参考>

気象病は、突然死のように急性的に命に関わるものから、昔から言われているように「古傷が痛む」という日常的な痛みまで、幅広くあります。

なぜ気象病になるのか?

気温に気をつける

人間は恒温動物で、気温が激しく変動した時、主に自律神経を駆使して体温を一定に保とうとすることから、体調不良を感じるとのこと。

気温が激しい日は、手足の血管は収縮・拡張して血圧の変動が激しくなります。

健康な方は、その変動に耐えることができる体なのですが、高年齢や動脈硬化が進行しているは、急な血圧の変動を抑えきれず脳内の細かい動脈が切れてしまうのです。

その脳出血を防ぐには、血圧の変動の振り幅を小さくすることで、起床後体を冷やさないように上着を着るような工夫をしたり、冷たい作業をさけるようにすることです。

気圧に気をつける

気温の他に気圧にも要注意です。

気圧が低下すると交感神経が高まって、血管を縮小させて血圧が上昇して、関節炎や頭痛などの古傷が痛むのです。

天気を知るだけじゃない便利なアプリ

作業中や運転中、大きな事故に繋がることもあるので、予め天気が大荒れであることが分かっている場合、その行動の変更をしたり、病気をお持ちの方は中止する勇気も必要です。

天気予報だけではなく、気分や体調も記録できるスマートフォンアプリがあります。

「天気とココロをつなぐSNS」ちリリースされた「Mind」は、天気と心の周期をしることができるようで、試してみて常に楽しく自分の健康管理ができるといいですね。

突然死:関連記事









サブコンテンツ