ZUTTO



チョコレート1粒は7つの愛=健康効果!ストレス改善受験生や社会人への効果

チョコレート効能

チョコレートは精神的にも、肉体的にも活動的になる

自分にも「ご褒美チョコ♪」と最近は多くの理由で、チョコレートを購入されるとのことで、バレンタインデー商戦は過激な戦いをしていますが、消費者としては雑貨を見るかのような可愛らしいチョコや、おもちゃ箱からとびだしたかのような形状のチョコを、見るだけでも楽しませてくれています。

ダイエットに天敵のように語られていた時代は去り、最近は健康的な効能も知られるようになりました。

そのチョコレート!「精神的にも、肉体的にも活動的になる」とわかりました。

体に悪いとされているのは、大量の砂糖であって、チョコレートの材料のカカオではありません。

砂糖の摂取を減らし、チョコレートを食べるように心がけてみてはいかがでしょう。

世界中の人々を虜にしてやまないリンドール【リンツ・チョコレート】

カカオポリフェノール&カカオプロテイン



カカオ成分で、カカオポリフェノールと並び立つのがカカオプロテインです。

ワインなどポリフェノールが含まれた食べ物はいろいろあります。

チョコレートにもポリフェノールが豊富に含まれており、その代表がチョコレートやココアというわけで、気軽に利用しやすい食べ物です。

勉強中の夜食で、おにぎりは定番ですが、糖質をお腹いっぱい食べるよりも、チョコレートを食べた方が、カカオポリフェノールで脳の活性化につながります。

たまに、チョコを食べ過ぎると下痢になるという人がいますが、便秘の人にもチョコはおすすめです。

カカオプロテインには難消化性の性質があって、小腸で消化吸収されないで大腸に届くため、便の基材となりかさを増すことができるのです。

そして腸内細菌のえさとなって腸内フローラを変化させることで、整腸作用をも及ぼし「整腸作用」になります。

カカオとして健康食品にもなっていますね。

甘くないチョコを食べられる方は、朗報ですね!

どんな効果があるのでしょう

・血圧低下

カカオポリフェノールをとることで、血管が詰まり細くなることで血圧は上昇しても、血管を広げる作用が期待できることがわかりました。

・動脈硬化予防

体内に生じる活性酸素によってコレステロールが酸化されることが、動脈硬化を引き起こす原因のひとつになっていますが、カカオポリフェノールの強い抗酸化力で、酸化を抑える働きが期待されています。

・抗ストレス

カカオポリフェノールをとることで、心理的・肉体的にストレスを感じるような状況に置かれたときでも、ストレス反応が軽減されて、ストレスによるホルモンの増加も抑制されることが知られています。

・美容効果

肌は年齢とともに老化しますが、カカオポリフェノールは救世主で、肌老化の原因のひとつである「活性酸素」が引き起こすトラブルを防いでくれることが確かめられています。

・アレルギーの改善

カカオポリフェノールは、アレルギーの発症には過剰に作られる活性酸素を、生み出すさまざまな因子の働きに抑制することが報告されています。

・脳の活性化

カカオポリフェノールは、脳の栄養といわれる「BDNF」に働きかけ、脳は加齢とともに記憶や学習などの認知機能が低下するのですが、認知機能を高められる可能性があります。

・便通改善

世界で初めて抽出に成功したカカオプロテインの消化されにくい性質には、便通改善の働きが期待されます。

 <みんなの健康チョコライフ明治 一部参照>

あらゆる場面で体に良いチョコレート。

そのひと粒で身も心も、ちょっと楽になったらいいですね。







サブコンテンツ