ZUTTO



イライラしたり落ち込んでいる時は、どうしてる?簡単なリラックス法の色がキー!

青い空

イライラがたくさんある社会

イライラしたとき、怒りがある時、物にあたったり、足を踏み込んだりサッカーのように何かを蹴飛ばしたり、中には壁に穴を開けるなんてこともあるようです。

最悪、自分より弱い人に、言葉での暴力にとどまらず、暴力にまで発展してしまう場合があります。

どこかに気づき…何かに気づき…解決しなければならない自分を感じていても、どうしようもない気持ちになってしまうことは、悪循環ですね。

一番身近な方法は、人は自然を見て感じること。

そんなこと無駄に感じてしまうけれど、そのようなことに気が付かないのがイライラしている精神状態です。

身近なリラックス法は?

いらいらしたときに効果的なのは、青を見ることで青色には、心を落ち着かせ、冷静な気持ちを取り戻す鎮静効果があります。

私たち人間は、自然から生まれた生き物で、心を穏やかにする青は、できるだけ自然に近い青が最適なのです。

草原に青空や海の青を見て、心が落ち着く人が多いのではないでしょうか。

イライラしている時に、海に行かれる方は地域的に多くはないでしょう。

すぐに青を見られるのは、外に出て上を見上げれば、すぐに青空がイライラした心を迎えてくれます。

この世で最も身近で自然な青にきっと救われると思うのです。

イライラしたり落ち込んでいるときは、必ずと言っていいほど、背中を丸め下を向いているものです。

上を向き空を見上げた視覚に青が広がったそこには、自然の力が伴っている青空が、どんなにイライラした気分でも、静めてくれます。

すなわち、最も癒しの力が強い景色なのですから、イライラしたら、何も考えず青空をじっと見続けましょう。

ビルの隙間からでも、いいんです。

ユラユラ揺れている木の葉を見たりしていると、違う考えや案が出てきたり。

きっと、自然に落ち着くでしょう。

そして、イライラしている人は、よくため息をつきます。

不幸だから、ため息をつくのではなく、ため息をつくからイライラして不幸になるのです。

よく昔から息を吐いたときに、自分の幸せが逃げていくと言われていました。

ため息ではなく、深~く大~きく息を吸い込み深呼吸をしてみましょう。

深く呼吸をすることで、脳に余裕ができるように活性し気持ちに変化が現れ乱れた心が、落ち着き疲れが取れます。

イライラした時は大きく深呼吸をして、上を見上げて広い青空を見続けてみましょう。

きっと違う何かが見えますよ。







サブコンテンツ