ZUTTO



松下由樹さんが痩せたと方法は?「温活&睡眠」むくみも治る健康的なダイエット

温活の食事

温活で痩せた!

私の大好きな元気な演技派女優の松下由樹さん(47歳)は、一時期とてもぽっちゃりされていましたが、また最近素敵な女性になられていたので、ダイエットしたのだろうな…と思っていました。

40歳代後半となると、ダイエットもやり方によっては老いた顔になったりと、失敗しがちなのですが、年齢にも関わらず見事に痩せられて、そのやり方は「温活」だったのです。

松下さんは、むくみが気になっていたそうですが、温活をはじめたところ改善され、温活と同時に重視していたという睡眠の痩せ効果もあったようです。

体を温めるとなぜ痩せるのでしょうか?ベルメゾンネット体を温めることは、ダイエットで痩せるために欠かせません。

冷えは、体のエネルギー消費を減少させてしまうため、使われなかったエネルギーが体脂肪として蓄積しやすくなるのです。

体温が高ければ血行がよくなって、脂肪の燃焼効率と基礎代謝がアップするので、体温は36.5度を目標に体を正常にしましょう。

体温が1度低いだけで、1日あたり約140kcalが消費されなくり徐々に効率的に脂肪を燃焼できず、太りやすい体質になってしまいます。

血行がよくなれば、肌のすみずみにまで栄養と酸素がいきわたるので、「温活」は女性にとっては美容や婦人病のためにも習慣にしておきたいことです。

ところが最近は36度を下回る、35度台の「低体温の女性」が増え、子どもまでも体温が低いことが問題になっています。

冷え性はたんに手足の末端が冷えることですが、低体温はもっと深刻で、”内臓にまで冷えが及んだ状態”のため、免疫力が低下して病気やガンの温床になる可能性があるのです。

体を温めることは、ダイエットだけではなく、健康のためにも重要なポイントといえそうです。

ダイエットで痩せるためには、意識的に体を温める努力が必要になってくるのです。

温活をすることで「冷え⇒脂肪蓄積」の悪循環を断つ第一歩ができ、温め効果によって体の代謝がアップして、むくみも取れ「冷え改善」できるということです。

体を温める方法は実に一般的なことです。

ストイックにならないで、習慣にしましょう!

まずは、衣服で体を温めることで、靴下を重ね履きしたり、オフィスではひざ掛け、外出時はマフラーをつけたり、厚着をするなどで、自宅ではぬるめのお湯にゆっくり浸かると体が芯からポカポカしてきてリラックスできます。

食べるものにも工夫を凝らし、根菜類などの生姜、唐辛子、ゴボウやニンジン、レンコンなどの温め食材を体に取り入れるのも大切。

とくに朝は、1日のなかで体温が低い時間帯なので、朝食などを抜くと、食後に体温が上昇しなくなり体が冷え切ってしまうので、朝食は規則正しくいただきましょう。

カレーに含まれる「スパイス」にダイエット効果があります。

ターメリック(ウコン)・唐辛子・にんにく・生姜・スパイスには脂肪燃焼効果や代謝向上、発汗作用などダイエットには欠かせない要素がたっぷり含まれています。

そして、いつもポカポカしてぐっすり眠る!

これこそ痩せ体質への近道です。

温活は健康法の基本でもあります。

 







サブコンテンツ