ZUTTO



猫の手作り食は「習性を知る」ことから考える

猫に関する豆知識

猫は今でも完全な肉食動物



現在最も人間の身近に暮らす動物、猫と犬には大きく異なる部分が、犬は雑食寄りであるのに対し、猫は今でも完全な肉食動物なのです。

猫の肉食動物という言葉を聞くと、人間の感覚で考えてしまい、胸肉やモモ肉などの肉類を上げれば良いと思われてしまうのですが、野生の肉食動物は獲物を捕らえた後、まず真っ先に腹部、内臓に口をつけるのは、本能的に自分に必要な栄養素のありかを知っているのです。

猫のからだはおよそ水分が60%を構成するとても重要な必須栄養素のひとつなのですが、ドライフードを食べている子達は絶対的に水分が不足しています。

お水は勝手に猫が飲んでいることや簡単に摂取できることから、その重要性をあまり意識されていません。

その水分が少いことで、老廃物が体内にたまりやすく、代謝も滞りがち、ストラバイトの尿や結石・体をよく舐めるのでお腹に毛が溜まってしまう毛球症、などの多くの病気があるので、猫には多くのお水が絶対必要です。

ドライフードは水分量10%程度なのに対し、 手作り食は、食べることで水分摂取できるため、およそ60~80%水分にできるため、十分な量の尿を出すことで体内の老廃物の排泄を促し、代謝もアップします。

水分たっぷりの食生活によって愛猫のからだを内側からキレイにすることで、猫の自然治癒力UPにつながり病原菌などと戦えるだけの基礎体力作りに役立ちます。

安心・安全な食事内容にできる

野生の肉食獣は獲物の内臓・皮膚・骨・筋肉など、余すところ無く全てバランス良く食べています。

大抵において草食や穀物食の動物ですから、消化管内に残された、消化された植物性の栄養も摂取する事ができます。

食事として獲物を丸ごと口にしなければ栄養素を充分に摂取する事ができないということです。

手作り食なら、食材が自分で選べますし、産地なども明確で安心できますし、その日の状態に合わせて細かく調整することができ、体調・運動量や年齢に合わせて食事内容を細かく調整できます。

猫の食性を理解して充分に勉強した上で手作り食を初めて、人間の主観で、穀物主体の食事や筋肉部分ばかりの食事にしないようにしましょう。

キャットフードにトッピングすることがら初めてみてはいかがでしょう。

愛猫用サン・クロレラ







サブコンテンツ