ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




WordPressプラグイン:YouTube(ユーチューブ)動画を埋め込んでみた!

SEOを制するものはネットを制する

YouTube動画を埋め込むのは簡単だった

音楽が好きなので、懐かし名曲などを集めたいと思い、YouTube(ユーチューブ)動画を埋め込んでみた。

動画を埋め込む前に、やっておくべき設定がありますが、ほとんどの方はプラグインの「TinyMCE Advanced 」をインストールしていると思いますが、まだの方は先にこちらの記事からどうぞ♪
→ WordPresプラグイン:投稿機能に「TinyMCE Advanced」で簡単操作にしよう!

YouTube の動画を埋め込みを始める前に TinyMCE Advanced の設定を完了していることが必須だ。

YouTube動画のコードを取得する

まず、YouTube にアクセスして、掲載したい動画のページを表示してください。

YouTubeの動画のプラグイン

「共有 → 埋め込みコード」の順にクリック!

YouTubeの動画

アドレスがある下に「もっと見る」をクリック!

YouTubeの動画コード

動画のサイズなどの項目をチェック

動画が終わったら関連動画を表示する

コンテンツによって、動画の再生が終了した後にも、ユーチューブ上にある関連動画のリンクを表示する場合にチェックを入れます。

ランダムに表示される動画を表示したくない場合はチェックを外してください。

プレーヤーのコントロールを表示する

動画画面の下にあるプレーヤーのコントロール(ボリュームや早回しなど)の操作パネルの表示・非表示が設定できます。

動画のタイトルとプレーヤーの操作を表示する

タイトルと共有ボタンの表示・非表示が設定できます。

プライバシー強化モードを有効にする

クッキーを制御するときにチェックを入れる。

以前の埋め込みコードを使用する

サーバーが対応していない場合に使用します。

【テキスト画面での方法】設定が終了したら、画面上にある「埋め込みコード」をコピーして、で設置したい場所に貼り付ける。

【ビジュアル画面での方法】動画を貼り付けたい場所にカーソルをあてクリック

 

編集画面上記の「挿入」→「動画を挿入/編集」→「埋め込む」のソースの場所に「埋め込みコード」を貼りつけてください。

YouTubeの動画挿入

編集中の画面ではグレー枠ですが、プレビューで画面を確認してください。
オンラインブートキャンプ WordPressコース

出来上がり♪

この曲!覚えのある方もいるのでは?作曲者:小林亜星氏なんですよ!

SUNTORY OLD WHISKY

 









サブコンテンツ