ZUTTO



WordPressプラグイン:投稿機能に「TinyMCE Advanced」で簡単操作にしよう!

ワードプレス

テーマをインストールした後に、元々プラグインが同時にインストールされている場合もありますが、プラグインが何もデフォルトの状態で、記事を書く際にHTMLでタグを直打ちしなければならなくなります。

WordPresを使用している殆どの方が、利用しているプラグインだと思います。

初心者でHTMLやタグの知識がない方でも、簡単に記事編集ができるでしょう。

WordPresプラグイン「TinyMCE Advanced」

 

インストール方法

管理画面の左側の「プラグイン」→「新規追加」click
「検索」 TinyMCE Advanced→「いますぐインストール」click
「プラグインを有効化」click
管理画面の左側の「設定」→「TinyMCE Advanced」click

TinyMCE Advanced 設定画面

WordPresプラグインTinyMCE Advanced

使用したメニューは人それぞれですが、基本は押さえておきたいですね。
私は上記のメニューを選びました。

ツール名と用途

上段Bマークから左に表示します。

ツール名

太字

イタリック体

引用

番号なしリスト

番号ありリスト

左寄せ

中央揃え

右寄せ

リンクの挿入

リンクの削除

テーブル(表)

フルスクリーン

取り消し

やり直し

ツールバー切り替え

フォントファミリー

顔文字

Tablepressからテーブルを挿入

用途

文字を太字にする

文字をイタリック体(斜体)に変更

引用タグを挿入

リストタグを挿入

ナンバータグを挿入

文字を左寄せにしたい時

文字をセンター寄せにしたい時

文字を右寄せにしたい時

文字にリンクを挿入したい時

文字のリンクを外したい時

テーブルタグを作成したい時

スクリーンをフルにしたい時

今の作業を取り消したい時

今の作業をやり直したい時

これ以上の数のボタンを追加したい時

英文字のフォントを選べる

顔文字を加える

私は「Tablepress」プラグイン投入しています

下段段落から左に表示します。

ツール名

段落

フォントサイズ

両揃え

打ち消し

インデントを減らす

インデントを増やす

テキストとしてペースト

書式設定をクリア

特殊文字設定

特殊文字を挿入

テキスト色

キーボードショートカット

用途

見出しタグを設定する時

文字のフォントサイズを変更する時

文字の横幅を統一したい時

文字上に打ち消しラインを入れたい時

文章をアウトデントしたい時

文章をインデントしたい時

ビジュアルエディタの場合

装飾した文字を装飾なしの状態にする

特殊文字を挿入したい時

「続きを読む」を挿入したい時

文字色を変更したい時

キーボードショートカットの一覧が表示

チェック!

■左上部に位置する「Enable the editor menu」にチェックを入れるとエディタの上部にメニューバーが表示されます。

これは TinyMCE Advanced で使用できる全ての機能が確認できるので便利です。

また記事を作っている時に、不便を感じたら、「TinyMCE Advanced」を確認したり、プラグイン投入の検討をしてみましょう。

 







サブコンテンツ