ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




「冷え性」には危険な病気が潜んでる!改善方法は日常生活で!

冷え性温野菜

無理をしない改善方法を!

何でも継続することが大切なので、日常のちょっとしたことを気をつけることで、自然に改善していきましょう。

ダイエットと同じで、数日頑張ればすべて解決する…なんてことはないのです。

冷え症の低体温は様々な体調不調や、冷えが現れる重大な病気になりやすいのです。

無理のない改善方法とは?

日常生活で続かない改善法よりも、無理なく自然にできそうなことをしましょう。

温かいものを食べるように気を付ける

胃腸などの消化器系に影響が出やすいので、体を内側から冷やさないように、氷を入れたような冷たい飲み物や、アイスクリームのような冷たい食べ物もなるべく控えるようにして、温かい物をとるように気をつけましょう。

温野菜を食べて南国果実も避けよう

冷えを意識した場合、生野菜や南国育ちのフルーツのように加熱していない食べ物は、酵素をしっかり取り込めるから良いとも言われますが、体を冷やしてしまう難点があります。

野菜は茹でると栄養素が逃げてしまため、できれば蒸すような温野菜がおすすめです。

体を温めるドリンクを!

飲み物でもそれぞれ体を冷やすものと温めるものがあります。

緑茶とコーヒーは体を冷やし、ウーロン茶と紅茶はやや冷やしにくいようです。

生姜紅茶やココアなどお勧めです。

食べ過ぎない・ダイエットも注意!

食べ過ぎると、その食べ物を消化するために全身の血液は胃腸に集まってきます。

つまり食べ過ぎによって生まれる熱が減り、筋肉に比べてほとんど熱を作れない脂肪が増え冷えてきてしまうのです。

そして、ダイエットなどで食事量が少ないと、栄養が不足し熱を作れず体は冷えてしまいます。

寒い地方で栽培される砂糖がおすすめ

白砂糖は体を冷やす作用の強い食品で、精製されているため、ミネラルやビタミンも全て抜けてしまっています。

我家の基本の砂糖は寒い地方で栽培される砂糖大根(てんさい)を原料にしたてんさい糖を使っています。これは白砂糖に比べて体を冷やす作用は穏やかな上、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖も含まれているためお腹にも優しいとされます。

てんさい糖 700g

新品価格
¥338から
(2015/12/23 03:16時点)

ムソー てんさい含蜜糖・粉末 500g

新品価格
¥370から
(2015/12/23 03:16時点)

ムソー てんさい含蜜糖 500g

新品価格
¥379から
(2015/12/23 03:13時点)

余裕のある物を身に着けよう

洋服や靴などスタイルを良く見せるために、やや締め付けの強いものを選んでいませんか?

血液循環を悪くしてしまうことが冷え性には一番よくないことです。

特に下半身の血液循環が悪くなってしまう原因の骨盤の辺りを締め付けてしまうことは、足の付け根の太い血管やリンパ管を圧迫してしまうため、冷えだけでなく「むくみ」も起きるようになってしまいます。

運動の習慣

継続できない運動に挑戦するよりも、続けられる日常での運動を意識しましょう。

運動すると筋肉は収縮と弛緩を繰り返し、ポンプの働きをして、血液の流れがよくなり体全体に熱を行き渡らせ新陳代謝を良くして、自律神経の働きを整えることができます。

冷えを感じたときには、仕事中でも座ったままでも手足のストレッチなどをして体を動かすことを意識してください。

止まってしまっている血液の流れの手助けをする運動を意識する日々の生活が積み重なることで、改善されていきます。

ぬるめのお湯にゆっくり浸かろう

体の芯まで温めるのはシャワーではなくお風呂です。

ぬるめ(38~40℃)のお湯にゆっくり浸かる(20~30分)ことで浸かることでリラックスし、副交感神経の働きが活発になって血流も良くなります。

自宅で簡単に天然温泉と同等の温浴効果が実感出来る入浴剤【薬用ホットタブ重炭酸湯】







サブコンテンツ