ZUTTO



WordPress無料テーマ「MesoColumn」カスタマイズ|アドセンスを含む広告の貼り方

MesoColumnアドセンスを貼る

MesoColumnで広告の貼る場所のカスタマイズ

とても気に入っているテーマ!MesoColumn

初心者にとってひとつ難点なのは、アドセンスを使用したい場合、Theme Optionを利用できないことです。

他の会社(A8など)の広告は貼れることが多いのですが、アドセンスだけは文中に挿入する場合CSSをカスタマイズしなければなりませんでした。

初心者なので、目の前を簡単な方法で解決してしまったのですが、ネットの神様はもっと違うやり方があるのでしょう…

CSSを触りすぎて、どうにもならないよりは、アドセンス広告が貼れればいいや…程度ですが、同じように考えていらっしゃる初心者の方は、下記の方法はどうでしょう?

MesoColumnヘッター付近のカスタマイズ

上記画像の①~③の場所の説明です。

③はアドセンスが入ってます。

① TOPメニュー最上部

ダッシュボード > 外観 > Theme Options > General >

Advertisement Settings → Header Code Insert 広告コードを入力

②タイトル右横

タイトルの文字を小さくしたので、右側が空白なので広告を貼ってみました。

ダッシュボード > 外観 > Theme Options > General >

Advertisement Settings →468×60 or 728×90 Header Banner and Advertisment Embed Code 広告コードを入力

③サイド・最上部 アドセンス

ダッシュボード  > 外観 >ウィジェット

ウィジェットの「abbed Sidebar」を空にして「Right Sidebar」の最上部に、利用できるウィジェット「テキスト」を持ってきて、内容にアドセンス広告コードを入力

 

記事ページ・固定ページの文中下段に自動的にアドセンスを貼る

アドセンステキスト

サイドバー最上部は上記説明済

記事文中最下段に自動的にアドセンスが貼れるようにしました。

ここはCSSに追加します。

記事ページにアドセンスを貼る

外観>テーマの編集>右下表示のテンプレートのサイドバー(single.php):単一記事の投稿

<?php echo the_taxonomies(‘before=<span class=”post-category”>&after=</span>’); ?>
<?php endif; ?>

</div>

———ここにアドセンス広告コードを入れる

<?php do_action( ‘bp_after_post_content’ ); ?>

<?php get_template_part( ‘lib/templates/post-meta’, ‘bottom’ ); ?>

固定ページにアドセンスを貼る

外観>テーマの編集>右下表示のテンプレートのサイドバー(page.php):固定ページテンプレート

<?php do_action( ‘bp_after_page_content’ ); ?>

</article>

———ここにアドセンス広告コードを入れる
<!– POST END –>

<?php do_action( ‘bp_after_blog_post’ ); ?>

フッター付近は…

アドセンスフッター

①アドセンスを貼る

ダッシュボード  > 外観 >ウィジェット

ウィジェットのフッターの場所を選び、利用できるウィジェット「テキスト」を持ってきて、内容にアドセンスコードを貼る。

②アドセンス以外の広告を貼る

ダッシュボード  > 外観 >ウィジェット

ウィジェットのフッターの場所を選び、利用できるウィジェット「テキスト」を持ってきて、内容に広告コードを貼る

③コピーライトの下に広告を貼る

ダッシュボード > 外観 > Theme Options > General >

Advertisement Settings →Footer Code Insert 広告コードを入力

 

どうでしょう…まだ勉強しなくちゃ!…ですが、一応形はとれました。

私は貼る予定がない場所でも、ダッシュボード > 外観 > Theme Options > General の場所で試してみてくださいね。

結構優れものだと思います♪







サブコンテンツ