ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




WordPress無料テーマMesoColumnのカスタマイズ日本語化と簡単設定

メゾカラム

 

新しいサイト制作に挑戦!

「Opinion」でいくつものカテゴリーで記事ができる理由で制作をしてきたのだけど、h1・h2の関係や、「Opinion」にプラグイン「All in One SEO Pack」を導入するとmetaタグが2つ出来てしまうことなどの件で、サイトの分散を悩んだ末に決めたした。

上記の問題はブログで紹介しています。

 

思い切れた材料として「アドセンスが1サイト複数サイトサイト使用可能」であることから、多種のコンテンツの分散を目的に新しいサイト制作を決めました。

本人は悪気もないサイト制作だとしても、外部の記事コピーなどの重複で、いつ訪れるのかわからないペナルティに対して、リスクの分散化をしようと思いました。

会社経営において、良く言われる危険回避である取引先の分散は重要であり、同じように現在の「TOIMOIKU」のサイトを分散した方がよいと判断しました。

無料テーマ「MesoColumn」メゾカラムは内容充実!見た目も好き♪

さて、またテーマから決めなくちゃ!とテーマを覗いてみていたら、無料テーマ「MesoColumn」が気に入っちゃったので、アップロード!

のぞき見先:テーマタンクさん♪…好きなんです私…このサイト♪

もともと「TOMOIKU」絡みのドメインはいくつか持っていたので、さっそく制作です。

あれ?英語!・・・・はぁ・泣・

英語を翻訳ページで確認しながら作っていくには、ストレス全開!!!

ネットの神様~!とまた解決策を探す。そうよ!Mesocolumnを日本語化にすればいいのですよね♪
…ということで…

「Mesocolumn」を日本語化 「Poedit」を利用

今回は「Poedit」を使ってWordPressの翻訳ファイル.po、.moファイルをつくります。

私ね…見た目を作るのは好きなのだけど、このような作業は良くわからなくて、数時間かかってしまう初心者なのです。

ほら…今まで記事にしてきたけれど、やっちゃってから失敗!って。

失敗記事にしている時は、原因と結果と対策を調べないと気が済まない性格なのでいいのだけど、納得する前に取りあえずやってみちゃうのですよ。苦笑

大丈夫ですよ♪現時点でサイトは完成しているので、ちゃんとできます♪
WordPressの翻訳ファイル

Poeditインストールします。

http://www.poedit.net/download.php

インストールのやり方は、人それぞれで、私はサーバ:ロリポップのFTPで行います。

フォルダー階層は下記順番です。日本語化にできた

wp-content>themes>mesocolumn>language>en_EN.poの場所

若しくはen_EN.poの場所がmesocolumn.poとmesocolumn.potしかない場合もあります。ロリポップの私は後者でした。

languageの下の階層です。

英語ファイルがあるので、同じフォルダーにインストールした「ja.mo」「ja.po」の日本語ファイルをアップロードして追加するだけで日本語化できます。

これ♪これ♪すぐできた♪

英語が良くわからない私の表技(裏技じゃないよ)

日本語化がめんどくさい方は…右クリックして「日本語に翻訳」なんていうやり方もありますよ。

設定ごとに(ページが変わるごとに)右クリックするのがめんどくさい方は、「翻訳ファイル.po、.moファイル」を使いましょう。

さて!次は設定だわん♪初心者頑張る!!!







サブコンテンツ