ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




趣味か仕事か自問自答する時!思い出した経営30年間

趣味か仕事か自問自答する時

趣味か仕事か?

私は全くサイト制作がわからない初心者で、今、ひとりで悪戦苦闘しながらも日々サイト挑戦している経営歴30年・55歳のおばちゃんです。
挑戦理由の一つはブログにて♪超—ど素人!Word Pressに挑戦してみた。
サイトを制作していると、自分のサイトの伸び率やアフィリエイトをしている方は自分のサイトの集客力も気になります。
自分のサイトは「趣味か仕事か?」を考え直すことで、普段の記事の書き方さえも変わっていくのではないでしょうか。
サイトを趣味で作っている分には、見た目もキレイで誰かに読んでもらえたらいいな…とか、同じ悩みを持っている人の助けになったり共感できたりしたらいいな…という範囲でいいと思います。
でも、副業や独立して起業を考えている方は、いつまでもクリック数が上がっただのって喜んでいても収入に繋がらなくては目的を達成していません。

最近、私の記事がコピーされているのを発見したのですが、コピーした相手の方が検索順位が上になっているのを発見したときに悔しい思いがありました。
結局検索順位が私の上にあるコピーをした人のサイトの方が私の記事を読んでもらっているのだろうな…と自分の無力さが本当に悔しくて悲しい…。
私の会社は布帛物の企画会社なので、コピーされることに慣れてしまったこともあるのですが、やはり自分の案が盗まれて気分がいいものではありません。

ネットで稼ぐも経営者も同じ

初心者の私がリサーチをしても、その方法が甘ければ、当然、ありきたりのキーワードになってしまいます。
よって、自動的にSEOの強いサイトから上位表示されていくことになります。

アクセスを呼び込めずに、情報を入手し記事を更新してもサイトやブログが全く成長しないため、結果的にサイトを放置した状態になり、特にアフィリエイターはこのキーワード選定の作業がうまくいかず、思うような収入も見込めないサイトを閉鎖することになります。
そのような壁は自営業をされている方は、一度は経験していることだと思います。
その壁をどのように乗り越えていくかという、方法論もありますが、精神論でもあるのです。

会社の継続率について過酷な状況。

国税庁(2005年)によれば日本の全法人数約255万社の内、
設立5年で約85%の企業が消え、
10年以上存続出来る企業は、6.3%
設立20年続く会社は 0.3%

現在の私のサイト運営状況を精神論でいうならば、利益を出せていない・初心者であり、心が折れてしまう状況なのだと思いますが、資本のかからないこの状況は、サイト運営を諦める材料にはなりません。
ただ、自分が無知なだけで、学ぶ努力を十分していない状態であるということで、諦める材料ではないのです。
国税庁調査で5年で85%の会社が継続維持が成されていないのは、「苦労してまで経営なんてしたくない」と精神的に諦めてしまう場合が多いそうです。
国税庁は納税を基本としているので、正常に動いている会社のデーターですが、中小企業庁は休眠会社や決算を正常に行われていない会社も含むので、下記のような情報になっています。
会社の継続

経営していて感じること

【 方法論 】

私の30年の経験で感じたことを思い出したことです。当社は会社設立時は税理士さんにすべて会計を頼んだのですが、その税理士も経験3年の新人さんで、学んだとおり、きちんと税務処理をしなければならない3年生でした。
すべての帳面をお願いしていたら、翌年の税金が目が飛び出すような金額になっていたのです。
私は脱税のお願いはしていませんが、節税はどの企業だって望むことと思うのです。

25歳で起業し無知だった私は、税金の勉強をせざるを得ない状況。
決算時の在庫が資産になり、出費の報告内容で、経費に見なされる内容が変わる。
しかし新人税理士さんは領収書の内容の解釈を教科書通りにしますし、「技」がないのです。
次期決算は自分が理解したことによって改善されたのですが、「知識がない」という怖さを知った出来事でした。
ただ、経営者自ら決算報告書まで作成している時間はもったいないと思うので、税理士に依頼しています。

全てを自分で行うか?アウトソーシングでできる範囲は依頼するのか?という費用対効果を考えて選択する場面が、毎日のように「判断・決断」と繰り返されています。
苦労をしないで初めから成功をするのが望ましいのかもしれませんが、成功時に身についた生活習慣や精神習慣を見直せない経営者は、10年後に経営から退いているか、会社を休眠・閉鎖か倒産しているというのが、実態です。

例として、現在私はページ制作の挑戦をしているものの、利益を得る仕事にはなっていません。
これから自分で学び納得できたらサイト制作にあたり、費用対効果でアウトソーシング(サイト制作では有料ツールなど)を検討していくことの必要性を感じています。

「数ヶ月で○○○万円稼ぐ」などのツールもありますが、購入してすぐ現実となるのか?と言うと、私はそう思っていません。
実際高額所得を得ている方の記事を読んでいると、記事内容が魅力的なんです。

アフィリエイトでただ広告企業の文面をコピーして作っているサイトも、その商品がよければ一時は収入を得ることはできると思いますが、先をよんでいないポッと出のサイトは、人生を歩んでいる数十年先には厳しいものが訪れると私は思っています。

経営も同じで、同じ資本・条件を提示しても成功する人と成功しない人がいるのと同じです。

【 精神論 】

つまり成功する人は、時代を感じる力・行動力・忍耐力・問題解決能力・道具を最大限に利用できる能力があるのです。
モチベーションが下がったな…やめる方向を考えた方は…「趣味」です。
解決方法と収支などを見直すことができる場合は…「仕事」です。
趣味か仕事かは「やり続ける意思」の問題です。

それはネットで自己サイト制作で成功するも、起業して成功するも同じだと思うのです。

ただアフィリエイトは資本がかからない事業なので損がないということで多くの方が挑戦できるビジネスで、アフィリエイトで月に5000円以上稼いでいる人は全体の5%であると言われているのでしょう。

諦めずに取り組み続けられるということは、それ自体、自分の優れた能力であると信じ、はじめの成果は微々たるものであっても、地道に成果を積み重ねていくことによって、やがて大きな事業を達成できると思うのです。

まさしく「継続は力なり」です。

今、自分のサイト制作は「趣味か仕事か」今後どうするのか?…自問自答することで、次に見えるものが違うと思います。

 

そして、上記綴っていることは、頭では理解しているのだけど、私自身すべて実行できていません。

30年必死に会社を維持していますが、社会保障の企業負担が大きい事と、人の雇用に関して、1人の従業員の背中に家族という数人の人生を背負う覚悟ができないので正規社員の受け入れは最低限まで抑えてしまいます。

小心者で「勇気」が足りないのかもしれません。・・・

サイト制作に挑戦の道は険しいようです。

 

 

ちなみに…55歳のおばちゃんが、先々不安がいっぱいの老後…年金も心配…など、会社の業務以外に夜ひっそりとアフィリエイトをしています♪苦笑

 









サブコンテンツ