ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




ブロッコリーは王様と言われる栄養豊富な野菜!自然免疫力を高めよう。

ブロッコリーの栄養

毎日食べてるよ!4世代7人家族と1匹

孫の1歳から85歳のおじぃちゃん…そして犬1匹

全員ブロッコリーは欠かせない食材です。

栄養が水に溶けちゃうから2分位湯がいたら、お水にさらして終わり。

サラダに!シチューに!見栄えもかわいいけど、何と言っても栄養豊富な野菜で魅力的。

ブロッコリーの栄養豊富な野菜

具体的に右記のように表示されても、比較野菜の表記をしないとわからないと思いますが、ブロッコリーはビタミンやミネラルがとても栄養豊富な野菜です。

特に注目のビタミンCの含有量はレモンの約2倍で豊富です。

風邪予防やお肌を正常に保つなど、様々な効果がある栄養素ですので、ジュースやキャンディなどの嗜好品でも「ビタミンC入り」は人気ありますね。

βカロテンを多く含んでいる緑黄色野菜のひとつで、モコモコしている部分(花蕾・からい)を皆さんは普段食べているのだと思いますが、ブロッコリーは茎の部分にも豊富に栄養が含まれていて、湯がいてから炒めても本当においしいですよ。

是非、いろいろな料理に使用してくださいね。
免疫力を高めてくれるブロリコ

ブロッコリーの栄養素 (食材100g当たり)
・カルシウム 38mg
・ビタミンB1 0.14mg
・ビタミンB2 0.2mg
・ビタミンC 120mg
・鉄 1.0mg
・カリウム 360mg
・葉酸 210μg
・マグネシウム26mg
・ナトリウム 20 mg
・カリウム 360 mg
・炭水化物 5 g
・水溶性食物繊維 0.7 g
・不溶性食物繊維 3.7 g
・タンパク質 4.3 g
・脂質 0.5 g

健康にいいって、どんな効果?

では、どんな効果があるのか具体的に綴っていきますが、東大と共同開発されたブロッコリーの記事があって、その情報はコピーして書けないので、もしよろしければバナーをクリックして読んでみてください。

あるTVで医学博士が「ブロッコリーだけ食べていれば、病気にならないですよ!」と言っていたことがきっかけで、我家では毎日ひと欠け食べるようにしています。

私なりにブロッコリーの効果をまとめてみました。

ダイエット・美容効果

食物繊維がとても豊富に含まれているため、便秘の解消や・消化機能の正常化などの効果がある上に、栄養豊富な野菜なので、ダイエット中の満腹感も感じやすい野菜なので、食べ過ぎ防止ができます。不足しがちな栄養を補給してお肌や内蔵をそうじするかのようにきれいにして健康を保つことができるすぐれものです。

さらにビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンが多く含まれているため、抗酸化作用に優れているので、シミやそばかすの予防に期待できます。

がんの予防

胃がんのリスクが高まるピロリ菌などを取り除く効果がある「グルコラファニン」が豊富なため、胃がんのリスクを下げる効果が期待出来ます。

また、異常な細胞の増殖を防いでくれる「I3C インドール3カルビノール」という成分が、がん予防になると考えられています。

免疫力を高めてくれるブロリコ

風邪の予防・免疫力のアップ

βカロテンやビタミンC・ミネラルが豊富ことで風邪の予防に優れた効果があり、免疫力の活性化が期待できます。

風邪をひきやすい冬が旬なため、摂取しやすい野菜です。

動脈硬化の予防

ブロッコリーには、葉酸が豊富にで、葉酸の吸収を高めるビタミンCも多く含まれているため、葉酸が体内に不足すると動脈硬化のリスクが高まるため、ブロッコリーは動脈硬化の予防にはおすすめしたい食材です。

骨を健康に保ち骨粗しょう症予防

カルシウムとビタミンkには骨を丈夫に保ち成長にも欠かせない栄養素で、骨粗しょう症などの骨の病気を防ぐ効果があります。

血圧を正常に保つ効果

カリウムには、むくみ・高血圧・不整脈などを予防して、カルシウムやマグネシウムも豊富なため、血圧を正常に保つ効果があります。

腸内細菌:関連記事
春の悩みを解決!「ヨーグルトに勝る健康食は?」花粉症や肌荒れに負けない体!
便秘解消や美肌・保湿効果抜群!ヨーグルトは優れもの
ダイエット!ホットヨーグルト大根おろしで腸内環境良好…むくみ腸って何?
「腸活」がテレビで話題!腸刺激エクササイズ
「デブ菌が増えヤセ菌が減る現実!腸内細菌を死滅させる「デブ菌」を退治!

ブロリコ…ってすごい!

【自然免疫力】

ヒトなどの脊椎動物の免疫機構には、自然免疫と獲得免疫があります。

●獲得免疫は、一度体の中に侵入してきた微生物やウィルスなどの異物を覚えていて、 特異的にその異物を攻撃する仕組みです。生活習慣

●自然免疫は先天的に備わっていて、 異物と判断した物を即座に非特異的に攻撃する仕組みです。

脊椎動物などを除くほとんどの動物には獲得免疫はなく、自然免疫のみに頼っています。 前述のように、ブロリコは、ヒトでの臨床試験において、NK細胞(ウイルスが感染した細胞を殺す等の役割)や 、好中球(細菌や真菌 (カビ等)を食べてしまう等の役割)が活性化することがわかっています。 東京大学との特許を取得証明もあるブロリコには、感染症などの病気から体を守ることが期待され、自然免疫を高めると言われるアガリクス、ハナビラタケ(有効成分はβグルカン)の55倍、  メカブフコイダンの385倍、プロポリスにおいては1000倍以上も  ブロリコの免疫活性が高いことが確認できています。

他、著作権の問題もあり、下記バナーにて続きをどうぞ!

健康ブロリコ
ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから







サブコンテンツ