ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




乾燥肌のカサカサ粉ふきお肌からプルプル潤うゆでたまご肌への食事療法

乾燥肌対策

体の内外から気をつけよう

美容に限らず人間の体にとって「食事」はとても大切なことは、多くを学ばなくても何となくわかることですね。

食事の摂り方で、その季節に起こり得る病気や、肌がカサカサに乾燥しないように働きかけるのは、必ずしも化粧品等の外側からのケアだけではないのです。

身体の内側からでき乾燥対策をするのは食事です。

カサカサ乾燥肌を改善するには、肌のバリア機能を強化したり、水分の保持を助けたりする食材が有効なので、すすんで食べるように心がけましょう。

その栄養素を多く含むのはどんな食材なのでしょう。

シミしわが気になる方

栄養素を多く含むのはどんな食材か

ひとつのものを一気に食べるのではなく、まんべんなく食べるようにしましょう。

ビタミンA群:肌の生まれ変わりを促進してくれる

プルプルなお肌に必要な保湿に大切な角質層は、28日周期で新しく生まれ変わり、ビタミンA群はその肌の生まれ変わりを促進させ、皮脂腺・汗腺の働きを高めてくれるので肌に潤いを与えたりする効果があるのです。

ビタミンAを多く含む食材

うなぎ・レバー・緑黄色野菜(かぼちゃ、ニンジンなど)・卵など

ビタミンB群:代謝が活発にして粘膜を保護してくれる食事の食材

肌や粘膜を保護・ハリや弾力をつける働きがあり、代謝を促進する栄養素があります。

ビタミンB群は水に溶けやすいため、お汁を摂取するためにもスープや煮物などのメニューが最適です。

ビタミンB1を多く含む食材健康ジュース

肌のカサカサやかゆみなどの乾燥対策には、ビタミンB1は欠かせない栄養素です。

豚肉・緑黄色野菜・豆類(大豆など)・牛乳

ビタミンB2を多く含む食材

粘膜を保護して、新代謝を促進する働きがあるため、健康な髪質、肌質を維持するのに重要な栄養素です。

レバー・納豆・緑黄色野菜

ビタミンB6を多く含む食材

体内に摂取したタンパク質をアミノ酸に分解する働きがあり、そのアミノ酸によって天然保湿因子が作られるため、乾燥肌対策には欠かせません。

ニンニク・レバー・かつお

ビタミンB12を多く含む食材

神経細胞を正常に保つことで、皮膚の新陳代謝を促すため肌にハリや弾力を与えることができます。

イワシ・貝類・レバー

ビタミンC群:肌バリア機能を強化させる

コラーゲンの生成を助け、皮膚の抵抗力を高めたりする効果があるので、肌のバリア機能を強化させカサカサ乾燥肌の改善に適しているのです。

ビタミンCを多く含む食材

アセロラ・レモン・キウイフルーツ・オレンジなどの柑橘類

ビタミンE群:抗酸化作用がある

抗酸化作用があり血液の循環を良くしてくれるので、新陳代謝が高まり良い肌になります。

ビタミンEを多く含む食材

アーモンド・カボチャ・大豆

セラミド:体内水分を保持する

細胞と細胞をくっつける働きがあるためキメを整え外部からの異物が肌に侵入するのを防いでくれます。

体内の水分保持する役割もあるので、肌の乾燥にピッタリの食べ物です。

このセラミドは30代から減少してしまいますので、食べ物で積極的に摂取してください。

セラミドを多く含む食材

こんにゃく・大豆など

 

簡単にセラミドを摂取できるサプリ詳細 :セラミドなのに潤いだけじゃない 進化系セラミドサプリ

美肌に有効なお茶

ハーブティから漢方茶など、多種多様のお茶がありますが、入手しやすく飲みやすいお茶をおすすめしますね。

我家では、砂糖やミルクを必要とする飲み物は1日2回までと決めて、他にショウガ茶や黒豆茶など、いろいろなお茶を楽しむようにしています。

 

ルイボスティー:アンチエイジングに効くお茶
アンチエイジングには、活性酸素を取り除く「抗酸化作用」のあるお茶が効きます。

からだをサビつかせる活性酸素を取り除く、抗酸化物質フラボノイドを豊富に含み、肌細胞の老化を予防します。

ローズヒップティー:美白に効くお茶
プルプル肌と美白には、「ビタミンC」 が有効です。ビタミンの塊のような優れたお茶です。

ビタミンCはレモンの約10倍。

メラニンの生成を防ぐ働きがあるので、日焼け予防や、シミの予防に効果的です。

レッドクローバーティー:ニキビに効くお茶
がん治療(胸部、卵巣、リンパ腺など)に使用されてきたのは、女性のホルモンバランスを調節する働きや抗炎症作用、鎮静作用があり、腸の運動を促し、穏やかな作用で便秘を解消する女性には嬉しいお茶です。
ハトムギ茶:肌荒れに効くお茶
イボ取りの薬として使われてきた和のハーブで、子どもの水いぼでも多くの方が飲用しているようです。
老廃物を体の外に出す働きがあり、体の生理機能を活性化し、むくみや水太りにも効果的で、肌のビタミンと言われるビタミンB1、B2やアミノ酸を豊富に含んでいるので、肌荒れを防ぎなめらかな肌に整えてくれます。

 

※TOMOIKUでご紹介しているお茶は「有機栽培」「オーガニック」を選んでいます。

カサカサ乾燥肌には、体の中からの栄養を重視して食事をする心がけで、見違えるように変わります。

緊急的な食事療法ではなく、習慣にしてプルプルなお肌を保ちましょう。

家族を考える場合は毎日のことなので習慣にすることができますが、ひとり暮らしの方は、せめてお茶などでもビタミン補給をしましょう。







サブコンテンツ