ZUTTO



SEO対策を調べるより、今さらながらGoogleを知ることが早道か?

Googleのメッセージ

Googleが考える評価の高いサイトってどんなブログ?

サイトを立ち上げて、誰にも読んでもらえず、気にもかけてもらえないなんて、こんなさみしいことはないですよね。
営利目的のお店もあれば、ブログで一儲けなんて方もいるでしょう。
でも、サイトを作ってみたいという気持ちの方や、自分の意見を述べて他の方の意見を聞きたいという方もいるでしょう。
自分のサイトがどれだけの方に見て頂けているのか知りたいところ。
SEO対策をあれこれ考えても、初心者には正直さっぱりわからない。
まずは、Googleが考える「評価の高いサイト」を知ることで、SEO対策が見えてきます。

Googleの意図は?

Googleは、世界中のあらゆる情報を整理して、検索ユーザーに最高の情報を届けることを使命としている。…とのこと。

まぁ…そうですよね。うんうん。
結局、小手先の対策だけではなく、最高の情報を提供できるようなサイト(ブログ記事)をアップしていることに全力をつくすことに集中していくこと。
私は知らない時代のことなのですが、今までは自作自演の被リンクや業者にお金を払って被リンクを増やすようなこともあったようです。
そのような方法は、いずれ厳しいペナルティを受けるようになるようですので、覚えのある方は今からでも対策が必要です。

「今までのSEO対策」と「これからのSEO対策」

「王道のSEO対策」って一体何?…と今までのSEO対策を知らない私は、比較することを実感できていない。
でも、SEO対策を検索していると、「被リンク」が話題になって、被リンクは大切なことのようですが、多くのSEO業者が行う自作自演のリンクは今までのSEO対策で、これからのSEO対策は、サイトを見た人が自発的に貼ってくれるリンクのようです。
Googleはそんな選別ができるのでしょうかね…できるのでしょうね…。

「王道のSEO対策」は?

何よりも「人の知りたい情報をお伝えできるサイトを作り続けること」なのかな?
結構簡単なようで、一番大変なことなのかもしれません。
何でも「やり続けること」って大変だから…
ただ、情報を伝えるにあたって、タイトルの表現方法が間違っていただけで、見ていただけないのはとても残念。
その表現方法を調べてみました。

下記「キーワードの必要性」のみ、間違っていました。

(2016年4月27日修正)

キーワードの記事はコチラを参考にしてください。

キーワードの必要性

タイトルを考える時、今まで何にも考えていなかった私。
伝えたいことに何気なく「お題」をつけていていたのですが、その記事のタイトルだけでソーシャルメディアで集めるアクセスの数が大きく変わってしまうとのこと。
Googleで登録をすると AdWords キーワードプランナーを無料で利用できて、キーワードを調べることができます。
キーワードプランナー

AdWordsって

基本は広告を出すにあたって、有効なキーワードを探し出すことなのですが、キーワードプランナーでキーワードの成果を見積もったり、複数のキーワードを組み合わせて新しいキーワードを追加したりできるので、自分でキーワード価値を無料で知ることができます。

サイトを作っているにもかかわらず、タイトルは好き勝手していた私…大反省です。
私が検索しているユーザーの立場だったら、タイトルを読んだときに自分が興味があるかどうかを一瞬で判断していると思うし、わかりやすいかどうかも、重要なのだと思う。
学者じゃないから、論文形式で難しい言葉を並べられても読むわけないし、一部の重要な例(データーなど)は知りたいけど、研究レベルのデーターを出されてもさっぱりわからない。
あらためて、記事を書くことって難しいものなのだと…週刊誌や新聞・ネットニュースの見出しって、良くできているでしょうね。

アクセス分析の認識

サイトを作っていると、どのくらいの方が訪れてくれているのかな?どんな記事をアップした方がいいのかな?…と考えます。
Word Pressでサイトを作っていると、無料ブログのサイトのように、データーを手にいれることができないので、GoogleのAnalyticsでデーターを得なければなりません。
またこれが、用語がさっぱりわからない。
グラフや比率を見て感じ取るだけで、まだよく理解できていません。
はじめはそんな感じでも、勉強しながら詳細を知るとして、早めに登録することでデーターを入手しておけば、日を追って比較できるので登録はお早めに。
Analyticsでデーター

Analyticsで自分のサイトを知ろう

インターネットのアクセスは検索エンジンからのアクセスが大部分を占めていて、今ではほとんどがGoogleかYahooです。
そして、アナリティクスはGoogleが提供するブログ分析ツールです。
それはそれはご丁寧に自分のサイトの状況を教えてくれるのですが、初めは余りにも自分のサイトがネット社会で存在価値がないように感じられて、結構ショックをうけました。
どんな記事でアクセスがふえるか?訪問者はどのように行動するか?など、あらゆる角度からの知りたいことを把握できます。
記事を毎日綴っていることで、データーを見て、アクセスが増えているのがわかります。
爆発的にヒットするような記事を書ける私ではないので…もっと研究していきたいと思います。

Search Consoleはわかりやすい

新規サイトやページがある際、早く検索にかかってほしいのは、人の心理。
そして、どんなキーワードで掲載されているのか?など、登録したり調べたり。
初心者でも、Search Consoleはわかりやすいです。
Search Console登録

Search Console

Googleへクロールリクエストをすることができるのです。
Google はウェブをクロールするたびに、インデックスに新しいサイトを登録し、既存のインデックスを更新してくれます。
「Fetch as Google」からは、インデックス送信またはクロールリクエストをしたいURLを入力・データが取得に成功するとページ下部「成功しました」と出てきます。
「検索アナリティクス」では クリック数・表示回数・CTR・掲載順位など Google 検索でのパフォーマンスを分析してくれます。
まずは登録してみましょう。
私はページを飛ばしてしまったあと、表示されないページのエラーで苦労しましたが、Search Consoleがあったこそ、クロールエラーなどの解決方法をみつけることができました。

ブログ:Googleを制しないとパニックに!クロールエラーページ404の対処は?



Googleではあらゆるサービスがあります。
SEO対策をあれこれ考えても、初心者には正直さっぱりわからない。
でも、利用すべきGoogleの無料ツールははじめその意味が分からなくても登録しましょう。
自分の日々のデーターを貯めておくことで、理解はじめたら分析できるようになります。
まずは自分のサイトの資料がなくては、改善の方法さえわかりません。
私は自分の疑問や不安に思うことの理由が見えてきたのは、データーなどで表示されているグラフや比率だったので、その1ヶ月分のデーターでも見えてくるものがありましたので、登録しておいてよかったと思ったのでした。
Googleを制するには、Googleの「Q&A」や「はじめに」などのご利用方法を読んで、追記していきます。
今日は、3つの便利なツールをご紹介。







サブコンテンツ