ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




4歳児の成長で目覚ましい「おしゃべり」

4歳の成長
ミキハウス入園入学特集

子どもと共に育む

4歳児は、一人前にお話ができるようになって、全ての面において著しく成長していきます。
生意気な言葉も覚え、親の話し方をコピーするかのように周りの大人たちもその発達のスピードに困惑したり、この時期ならではの反抗などで育児の大変さに疲れてしまうこともあるかもしれません。
毎日のことなので、親として疲れてしまうこともありますが、子どもの成長を日々楽しめるように、私達大人が余裕ある生活を送ることができるように、共に育むことが大切です。

人として目覚めて「自分探し」

「わたしも!」「ぼくも!」と自己主張もあり、親や友達のお手伝いをしようとお世話をしようとするのも、その心の現れです。

大人の私達と同じように、「自分の証明」で自分が人の役に立つ有能な人間だということを証明しようとしているのです。

様々な努力を通し失敗しながらも、自分が役に立つ経験を重ねていくことで自分自身に対する信頼感も高まっていくのです。

「ごっこ遊び」で想像の世界の遊びに浸る

「ごっこ遊び」が大好きな時期は4歳児の特徴です。

おままごとや幼稚園ごっこ、戦隊ごっこなど様々な想像遊びを楽しんで、子供にとって現実世界の縮図なのです。

「ごっこ遊び」で、社会のルールや人間関係を学んでいるのです。

4歳児になると、ひとりではなく他のお友達とも関わりを深めていきますが、まだ危険なことを理解していなかったり、ルールを知っていくためにも大人の手助けなしには上手に遊びきることはできません。

集団生活がスタートする4歳

4歳児の多くは、幼稚園や保育園などで集団生活を過ごす子どもがほとんどですが、子供達にとって最も安心できる場所はやはり「家庭」です。

家庭という安全基地があるからこそ、外の世界でのびのびと過ごすことができるのです。

言葉の発達が目まぐるしい

友達と接することが多くなると、どこで覚えてきたのかと思うほど話すことのできる言葉の数も多くなり、日常生活の会話はどんどん普通にできるようになっていきます。

親が忙しかろうが関係なく、大人に自分の話を聞いてほしい時期でもあるので大変ですが、話しかけてもよいルールを教えてあげながらも、子どものお話を聞いてあげる時間を作ることが大切です。

しかし、まだ、現実と空想若しくは理想の世界が入り混じった内容だったり意味がわからない断片的だったり聞いている大人にとっては「どういうこと?」と思うことも多いですが、何度も聞きなおしたり正したりするのではなく、じっくり聞いてあげることが大切です。

「ありがとう」の心と言葉を教えてあげる

忙しそうにしていると、子どもがお手伝いをしたがるのもこの時期の子どもによくあります。
そんな時、逆にお手伝いされると邪魔になったり、大変になったりすることも多いと思いますが、「役に立ちたい」「ありがとう」と喜んでほしいという子どもの気持ちなので、余裕のある時にはできる事を手伝ってもらうと子どもも喜びます。

お手伝いの後に親に「ありがとう」と言ってもらえることで、子どもはとても喜び、役に立っているんだと感じて自己肯定感を高めることができるのです。

そして、その手伝いはすべて成功するわけではないので、親の余計や片付けを増やすことにもなりますが、お手伝いで失敗してしまった時も、「こうやってやると上手くいくよ」と、失敗を叱るのではなく、正しいやり方を教えてあげるようにしましょう。

ウソを責めないようにする

子どもがウソをつくようになると、どうしても叱ってしまいがち。

まだ現実と空想(夢など)の世界がごちゃ混ぜになっている場合と、怒られることを避けるために失敗を隠すためにごまかしてしまう場合があります。

どちらの場合も、まずは受け入れてあげることが大切だと思います。

失敗を隠すために子どもがウソを言う場合は、いったんその言葉を受け入れた後で「一緒に片付けてくれる?」などと後始末は一緒に行うようにして、ゆっくりその結末について話し合い、その途中で親が全面的に自分を信頼してくれる存在であると安心できると、本当のことを話してくれることもあります。

ウソをついたことで罪悪感が芽生えるようにしましょう。

生意気に!と思うこともしばしば。

でも、成長過程において、本能で親を慕う気持ちの他に、言葉で信頼関係をつくっている大切な時期なので、子どもの言葉にはちゃんと応えてあげてくださいね。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ







サブコンテンツ