ZUTTO



猫の毛の色、種類で猫の性格は何で決まるってホント?

猫の性格について



猫ちゃんって気まぐれって本当なのかしら?

猫ちゃんたちを見ていると、「あの子達のように生きられたら、どんなにいいだろう…」と思うこともしばしば。

好きな時に寄ってきて、後は知らんぷりなんていつもの事だったな…

臆病だったり大胆だったり、つれない態度の猫ちゃんがいたり人懐こい猫ちゃんがいたりと、それぞれに性格が違っていますね。

猫ちゃんたちの性格って、いったい何で決まるのでしょう?

猫に限らず人も犬も性格は皆違うけれど、猫に関してさまざまな研究がされているようです。

猫の種類による性格

多種の猫ちゃんがいますが、純血種と呼ばれる猫ちゃんには、次のような種類に分けることができます。

もちろん、個体差もありますし、それぞれの種類によって体型や毛、目の色などが異なり、そして性格も種類別に特徴があります。

ペルシャ猫(長毛種)・・・とても穏やかでおとなしい。ほとんど鳴かない。
ペルシャ猫以外の長毛種・・・人懐こくて甘えん坊で頭が良い。
ブリティッシュショートヘア・・・人懐こくのんびり屋で物静か、愛情深く温和で利口。
アメリカンショートヘア・・・運動神経抜群。活発で遊ぶのが大好き。
オリエンタルショートヘア・・・怖がりで狭いところが嫌いなのにもかかわらず活動的です。
アビシニアン・・・人懐こい。
シャムネコ・・・とても甘えん坊。人懐こく、わがまま。
ロシアンブルー・・・警戒心が強いが、温和で内気。
ジャパニーズ・ボブテイル・・・順順で温和、性格が良い。日本猫。
スコティッシュ・フォールド ・・・マイペースで、温和でおっとりしています。

猫の毛の色と性格

猫ちゃんの毛の色と性格の関係は、まだはっきりと証明されてはいません。

しかし、まったく関係がないとはいえないようです。

黒・・・フレンドリーで頭が良く、甘えん坊で穏やか。
白・・・頭が良くて気が強くてクール、ツンデレ度が高い。
白黒・・・内弁慶、協調性が高く、穏やかでマイペース、甘えん坊でもある。
キジトラ・・・人には友好的で警戒心が強いのに、シャイ。
茶トラ・・・臆病で甘えん坊であるが活発。のんびりゆったり優しく。
サバトラ・・・陽気で気が強い。神経質で警戒心が強い部分もある。
さび猫・・・マイペースで温和。協調性が高い。
三毛猫・・・ツンデレ。わがままで気位が高く、気分屋。

人間やほかの猫とのかかわり

人懐こい性格の猫ちゃんになるために重要であり、人間社会でより良く生きていくために、生後2~7週の時期に人と触れ合うことが大切だと言われています。

生後2~7週の時期に、人の手で猫ちゃんを優しく抱いたり撫でてあげることが、友好的な猫ちゃんになるとしても、ペットショップでの出会いは難しいこともありますね。

もし迎えることができる猫ちゃんがいる場合、気をつけたいのは猫ちゃんとのふれあいの時間は抱き上げたり撫でたりは、子猫が疲れてしまったり、飽きてしまったり、逆に触られるのを嫌がるようになってしまうこともあるので、1日1時間以内にすることが大切で、長ければ良いというものでもないようです。

飼い主さん家族だけでなく、ほかの複数の人と触れ合ったり、猫ちゃんに触れる以外にも、おもちゃで遊ぶなどもしてあげることで、社会性が養われ、誰に対しても友好的な猫ちゃんになります。

そして、兄弟猫やほかの猫と遊ぶことも、性格形成でとても大切なことです。

噛むときやたたくときの力加減を学んだり、攻撃的な気持ちを抑制するということを子猫同士で行う遊びの中で、仲間や人と一緒に生活して行くことを覚えていきます。

猫ちゃんとの生活は、日常ではまった~りしていました。

でも、捨て猫だったためか外界が気になり、どうしても!何が何でも!外に出たくなって網戸は破壊されてしまうほど、必死に外に出たがって、困ったこともあります。

捨て猫ちゃんの身についた習性かもしれませんね…







サブコンテンツ