ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




身を美しく…躾(しつけ)ってどういうことなのでしょう。子どものしつけ♪

c0003

 

躾とは

人間社会・集団の規範、規律や礼儀作法など慣習に合った立ち振る舞い(規範の内面化)ができるように、訓練すること。

教育することと言い換えても良いが、教育一般よりも生活全般に根ざした、更に根源的な事柄にまつわる部分を教えていく行為を指す。

特に言葉が理解出来ない幼児の教育に関しては、様々な態度で接することで「やって良いこと(=誉められる)」「やってはいけないこと(=罰せられる)」の区別をつけさせることでもある。

<ウィキペディア 出典>

私たちは、社会の中で生活

幼稚園や保育園に行くようになると、親として他の家族や子どもが目に入り、安堵したり焦ったりと、他の子はどの位・何ができるのだろう?と気になりますね。

身近な家族や年配の方の目もあり「きちんとしつけなくっちゃ・・」という焦りが、しつけを暴走させ、最悪な状態は虐待を本気で躾と思ってしまうかもしれません。

ほとんどのおやごさんはみなさん、本当に一生懸命に子育てをして子どもに幸せになってほしいと願っています。

思わず、がんばりすぎなくていいよ。ひとりで悩まないで…と声をかけたくなります。

お行儀の悪い子ども、言葉遣いや言動の激しい子どもと、街に出ると気になることもたくさんあります。

でも大体、親子同じ。

当たり前といえば当たり前なのですが、親ができている身のこなしや態度は、子どもは自然にできているものです。

「親を見ればわかる」というのは、本当なんだな…と。

子どもを怒る前に、自分自身を振り返ることって大切だと思います。



フェリシモ「コレクション」






サブコンテンツ