ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




幼稚園や保育園の教育方針・政治・宗教問題は難しく影響が心配 

幼稚園や保育園の教育方針・政治・宗教問題は難しい 

幼稚園や保育園って、どうやって選ぶの?

我家の姫孫♪

毎日楽しそうに幼稚園に通っております。

よって、祖母の私が考えても仕方がないことなのですが…ちょっと疑問に思うことも…

姫孫の幼稚園の選び方は、学区内の公立小学校に行く友達が多い幼稚園です。

素直に!楽しく!…ただただ元気に育ってほしい…という願いだけです。

トイザらス・ベビーザらス オンラインストア

政治や宗教の色が濃い幼稚園や保育園

先日、孫の運動会を見にいきました。

うんうん!元気に育ってる!いきいきしてる♪と大満足。

しかし、最後の園長先生の言葉で疑問に思うことがあったのです。

ちょうど国会は安保問題真っ最中の時だったので、園長先生の言葉に政権と安保についての批判が溢れていました。

私は安保問題の賛成・反対を語りたいのではなく、楽しかった運動会で園長先生の個人的な政治色を出して興奮している様子に違和感を感じたのです。

義務教育ではない、自由に選べる幼稚園なので、イヤなら変わればいいし、そもそも初めからその幼稚園を選ばなければいいだけのことだけど、教育者なのでどの範囲まで、公の場で主張してもいいのか?と考えることがあります。

みんな平和を願い、子ども達の未来は明るいものであってほしい…その想いは保護者も同じです。

保護者がたくさんいる運動会の場で主張することで、園長先生の想いを伝えたかったのでしょう。

他に姫孫の幼稚園ではないのですが、同じ傾向の話として、宗教に関係する強制も良く聞きます。

中には政治に関して「反対運動の署名」まで要求される場合もあると…

はじめからわかっているのだから、行かなければ良いという意見もあるでしょう。

入園前の教育方針にも記載されているでしょうから…

でも、「反対運動署名」など、どこまで強制性があるのかが疑問ですし、もし強制ではないにしても、署名をしなかったら何か不利になることがあるのではないかなどを心配するから、角が立たないように何でも言われた通り署名してしまう方が多いとのことでした。


認可保育園の 入園選考に対応した 保活マニュアル

こんなにも違うものか? 教育方針

姫孫の通う幼稚園は「自主性と自由」なのだそうです。

「自由教育」は「放置」とは違います。先生の力量が問われます。

近くの幼稚園では、「メリハリ教育」で集団で行うことには厳しくということで、発表会などはビックリするほどのできあがりなのだそうです。

どっちにも、メリット・デメリットがあるのでしょう。

成長して大人になった時、どのような傾向の社会人になっているのでしょう。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ







サブコンテンツ