ZUTTO



犬の平均寿命 どのくらい?長寿になって約2倍になった超高齢化の実態

犬の平均寿命

犬は14.17歳、猫は14.82歳

子どものころから、動物といっしょだったのでけど、ほとんどの犬が16歳以上だったので、寿命は犬種や体の大きさなどで違いがあるのかもしれないと思っています。

ペットが仕事をする時代から、家族の一員として大切に子どものように育てられるようになった現代では、飼い主の愛情に呼応して、平均寿命は延びているようです。

その背景には、年月と共に揃えられた研究データーにより食事や医療、運動量など、様々な要因があって、現代では人間並みの商品・サービスもありますね。

犬は14.17歳、猫は14.82歳

しつけ・健康・関係づくりに困ったら!飼い主さんのための生活情報誌【いぬのきもち・ねこのきもち】

平均寿命が延びた最大の理由はなんでしょう?

私が幼少期を過ごした昭和40年代では、犬は庭の片隅で来訪者を威嚇する中型犬で「番犬」が多かったような気がします。

猫は、飼い猫というよりあたりを巡回しているような(野良猫)野生動物が必ずと言ってもいいほど多く存在しました。

<一般社団法人ペットフード協会の資料>

平成26年犬の飼育頭数は1034万6000頭、飼育世帯は15.06%

平成26年猫の飼育頭数は995万9000頭、飼育世帯は10.13%

平均寿命は犬14.17歳、猫14.82歳

昭和58年では、犬の平均寿命は7.5歳だったようです。

ここ30年で倍近く平均寿命が延びたことになるのです。

その背景として、まず食事があげられようです。
昭和40年代の番犬の時代を例にすると、与えられた餌は、家族の食事の残り物で、味が濃過ぎる上、栄養バランスも悪かったとのこと。
専用フードの普及が、犬猫の平均寿命の伸長に与えた影響は大きいのでしょうか?

専用フードだって、産業用の残り物を使用している例があり、現代では問題になりましたね。

医療の充実

農林水産省の資料では、動物病院の数は平成25年で1万1032施設されているようで、平成16年時は、9245施設だったので近年急速に増えています。

狂犬病などの感染症予防は義務化ということもあり万全で、今では健康診断もあたり前ですね。

我家の愛犬若葉も体調不良時には血液検査、尿検査、糞便検査は行いますし、心配要素があった場合はレントゲン、超音波など、検査項目も人間並みに検査しています。

ペット保険のブログにもあるように、小さな病気の医療費をあまり心配しなくてもよくなったのは、動物病院の増加と共にペット保険も犬猫の健康増進に大きく貢献していると思います。

食べない!ちょっとでも気になることがあるとすぐに病院!

ペット専用ジム、老犬ホームも急増中

公園でリード無しで走れるところがないこともあると思いますが、ドッグランのような運動施設も多様化していますね。

メタボを解消しようと犬がドッグランはもちろんのこと、専用プールやストレッチジムなど、効果的な運動プログラムで運動。

また犬の場合、ドッグハイドロセラピーという施術が注目されて、皮膚トラブルや四肢障害などのトラブルが特定の犬種に出る傾向にあるため、トラブルの改善及び予防などを目的としている。

ドッグハイドロセラピーでは、セラピストと犬が一緒に専用プールに入って、浮力や水の抵抗力を利用して、関節などの弱った部位に負担をかけないで筋力を活性化させることができます。

そのため、関節等にトラブルを抱えた犬や老犬、手術後のリハビリが必要な犬、さらにストレス解消やダイエット、運動不足、筋力維持など、様々な目的で活用されている犬も増えています。

昔のように犬を自由に遊ばせる町の公園がなく、精神的にストレスを抱えていたり、運動不足や生活習慣病の犬が増えているようです。

いま、犬は人間と同様に7歳以上の高齢犬が半数以上いる超高齢化社会で、人間のような老犬ホームで年老いた犬を預かったり、食事や排泄、投薬などの介助を行うも施設が急増中です。

愛してやまない我が子同然の犬の老いも考えていく必要があるのでしょう。







サブコンテンツ