ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




死に至る?夏の危険から愛犬を守る心得は何?

危険から愛犬を守る

夏は犬が病気にかかりやすい時期

夏は人間も熱中症が気になりますね。

「暑い」ということから、アトピー性皮膚炎も悪化する可能性があるので注意しましょう。

人も同じで、熱中症になり急激に体温があがると、嘔吐や下痢、呼吸が苦しそうになるなどの症状が現れたりします。GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

そして、悪化すると意識がなくなってしまい、最悪大切な愛犬が死に至ることもあります。

人間の対策はしっかりしている人が多いと思いますが、ペットの対策を考えていますか?

熱い道を歩いて散歩をしていませんか?

飼い主さん必見!ヒトと犬・ヒトと猫の生活情報誌【いぬのきもち・ねこのきもち】

猫より犬がかかりやすい熱中症

「熱中症は、湿度と気温が上がる6月から8月頃に増えてきます。犬は吠えるので体温が上昇しやすく、猫よりも熱中症になりやすいんです」

<参考 かどやアニマルホスピタル院長の門屋美知代>

では、犬の熱中症を防ぐにはどうしたらよいのでしょう?

留守中は部屋の温度が何度になるかわからないので、室温は25度くらいにキープしてあげましょう。

犬は窓を開けるなどができないのですから、人間が快適と思えるくらいの室温にエアコンを設定しておくのがベストです。

また、留守中に部屋で危険なことにならないように、犬をサークルなどにいれておく人も多いのですが、時間によってはそのサークルに日が当たり続けてしまうこともあるので、サークルの設置場所に気をつけるか、部屋に危険な物を一切置かないで犬が涼しいところへ自由に移動できるように解放してあげるといいですね。

エアコンの利用を控えているという人や室温調整が心配な方。

「外出する時間を長さや猛暑のときは、ペットホテルなどに預けておくというのも1つの方法です。」

シャンプーやサプリでアトピーをケア

さらに、気をつけたいのがアトピー性皮膚炎です。

夏は体温があがって皮膚がかゆくなるので、アトピー性皮膚炎が悪化しやすいそうです。


対策としては、熱中症と同じで、室温温度を25℃に保つことに加えて、症状にもよりますが月に1回以上は皮膚と毛をきれいに保つことが大切です。

病院やサロンで行う方は、その胸を告げアトピーの犬向けの保湿効果に優れ、皮膚を強化するシャンプーなどを使用してもらうか、シャンプーの持ち込みが可能か確認しましょう。

皮膚を強化するサプリメントなどもあるようです。

もちろん、皮膚病の薬もありますが、飲み続けることにより体に負担がかかってしまい、肝臓の病気を引き起すこともあるので、できるだけ日頃のケア治してあげることを心がけてあげましょう。

人も痒みが止まらないとイライラしますよね?

犬だって同じで、アトピー性皮膚炎が悪化すると、イライラして飼い犬でも噛み付いたりすることもあるそうです。

大切な子と楽しく暮らすためにも、ペットの健康に気を配りましょうね。

リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座







サブコンテンツ