ZUTTO



獣医&動物病院との関わり方は?

030049


動物病院への考え方

私は病状を正直に伝えてくれる獣医さんが好きです。

犬・猫・うさぎ…と多くの動物との生活をしてきたので、獣医さんとのお付き合いも多く経験しています。

深夜の急病の場合、隣町の夜間救急にいく場合もありますし、うさぎの場合は草食動物を不得意とする獣医さんもいらっしゃるので、病院は動物によって選んでいます。

私達は獣医さんにとって「お客様化」している場合もあることを、気をつけるべきです。

モンスターの飼い主さんに「あなたの育て方のここが悪い」と獣医さんは言えるでしょうか?

そう…正直に伝えたくても、聞き入れてくれない飼い主さんもいるため、動物病院の経営は大変なのではないでしょうか?

私達飼い主は、獣医さんに指摘された「間違えは間違い」と受け入れる心を持っていないと、犠牲になるのは動物達です。

そして、多くのペットは動物病院を好きではありません。

うちのうさぎたちはみんな性格が違い、動物病院で猫の声を聞いただけで震えが止まらない仔。

どんな状態でも、平気で寝ている仔。

多数飼いで同時にたくさんいたので、その子の性格で、時間外に診療をお願いして犬猫がいない状態を作ったこともあります。

犬でも、性格によって獣医さんとの相性があるようです。

良くなるように治療してもらっているとはいっても、体温を測るときにイヤな思いをさせられたり、動物病院という慣れない環境に緊張してしまったりしますので、動物病院をいい場所だとは思えないのでしょう。

そして、動物病院に行くことでペットがストレスを受けることもありますので、なんでもかんでも動物病院に連れて行くことが一番いいことではないと思います。

ただし、様子を見るよりも動物病院に連れて行くほうがいい場合というのもあります。

初めてペットを飼った人や、ペットが幼かったり老齢だったりする場合、ペットの様子を観察する時間が作れない場合などは、様子を見るよりも動物病院に連れて行くほうがいいでしょう。



どこまで様子を見て、どこから動物病院に連れて行くかを判断するのは簡単ではありません。

判断できないのに様子を見てしまうと、ペットの具合が悪くなってから動物病院に連れて行くことになってしまいます。

迷ったら動物病院に電話で相談するか連れて行くようにして、様子を長く見すぎて病状を悪化させてから動物病院に連れて行くことがないようにしましょう。

ネットで情報を得ることは大切なのかもしれません。

経験豊富の体験談はとても役にたちますが、それはそこの仔の情報で、自分の仔の情報ではありません。

参考にして、勝手に病気を決めてしまわないで、必ず診察をして病状に合った治療と看護をしてあげてくださいね。

なお、ペットに適切な治療を受けさせるために、いつから様子を見ていて、見ている間にはどんな状態だったかは正直に動物病院で話してください。

獣医さんに怒られそうだからと偽った情報を話される飼い主さんが少なからずいるのですが、それは適切な治療を受けにくくさせてしまいます。

また、獣医さんはペットの状態から飼い主が正直に話していないことを見抜くこともできますので、獣医さんとの関係を悪いものにする原因になるおそれもあります。

ペットのため、自分と獣医さんとの関係を維持するために、正直に様子を見ていた間のことを説明するようにしてください。

守れるのは私たちの愛情と観察力です。









サブコンテンツ