ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




どうして母乳やミルクを吐いちゃうんだろう…

b004

 

赤ちゃん…具合が悪いわけではないよね…って心配

腰が痛く寝られなかった妊娠期間。

さて、今度は授乳で睡眠不足になるのかもしれませんが、授乳はおかあさんにとって最初の育児行為になりますね。

おかあさんもあかちゃんも不慣れのため、うまく飲んでくれなかったり、ちゃんとおっぱいは出るだろうかとおかあさんは不安になるかもしれません。

また、やっとじ上手に飲んでくれたと思ったら、今度は母乳やミルクを吐いてしまうなどとこともありますね。

噴水のように、飲んですぐに吐いてしまうことが続いたら、病院に行くことも考えていいと思いますが、ほとんど心配なことはありません。

生まれたばかりの赤ちゃんは胃の筋肉が弱いため、大人に比べて吐きやすいといわれます。

生後3ヶ月まで、赤ちゃんはミルクや母乳を吐きやすい

新生児期の赤ちゃんは体の機能が未熟なので、初めは吸う力がない上に、母乳も出はじめなので勢いがなく母乳が少ない可能性もありますが、日が経つにつれて同じ時間の母乳をあげたら、噴水のように母乳が出ていて、おかあさんが思っているよりもたくさん飲んでいる場合もあります。

赤ちゃんの体の機能が未熟なために吐きやすくなっている生後3ヶ月頃までは胃が「フタをしていないとっくり」のような形なので、少し動いただけでミルクや母乳が逆流します。




口の端からタラタラと流れたり、ゲホッと勢いよく吐き出したりするなど吐き方は様々で、吐いた後にケロッとして元気があれば病気ではないので心配ありませんよ

1. ミルク・母乳の量が多過ぎる

2. 母乳の勢いが強過ぎる

3. げっぷが出ていない

赤ちゃんはミルクや母乳を飲みながら吸い込んだ空気を出すためにげっぷをするのですが、赤ちゃんは胃の筋肉が弱いせいで自力ではできません。

胃の中の空気が気管から口へ逆流する際に、ミルクや母乳も一緒に吐き出されますので、ゲップをさせてあげるのもひとつの方法です。

赤ちゃんをげっぷさせるときは、赤ちゃんを縦抱きして肩にもたれさせて背中を軽くトントンと叩きます。

げっぷをさせるときに一緒に吐き出す可能性があるので、ガーゼなどを肩に置くといいですよ。







サブコンテンツ