ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




良くない食事「オカアサンヤスメハハキトク」悪影響!噛まない食事や栄養バランスが悪い食事

b007

良くない食事「オカアサンヤスメハハキトク」

 …オムライス
 …カレーライス
 …アイスクリーム
サン …サンドイッチb-ita
 …焼きそば
 …スパゲッティ
 …目玉焼き
 …ハンバーグ
 …ハムエッグ
 …ギョーザ
 …トンカツとトースト
 …クリームシチュー

では、何故「オカアサンヤスメハハキトク」の食事は良くないとされているのでしょうか?

個人的に納得いかないので詳しく調べてみると、「柔らかい」「ビタミン・ミネラルが少ない」「脂肪が多い」の3つのポイントがありました。

柔らかいために噛まないから

まず、柔らかい食べ物であるため、あまり噛まずに食べれるのが良くないようです。噛まない食事ばかりだと、アゴがあまり発達しなくなり、かみ合わせ・歯並び・発音などに悪影響が出てしまいます。

そして、歯や歯のまわりの組織への刺激が減り、新陳代謝が悪くなるために「歯周病」の原因にもなります。さらに、噛まないと唾液の量が少なくなります。唾液には歯の汚れを洗浄する効果がありますから、噛まないことで虫歯の原因にもなるのだそうです。

柔らかい食事で噛まない事が、こんなにも歯に良くないとは驚きですよね…。

ビタミン・ミネラルが少ないから

見て分かるように「オカアサンヤスメハハキトク」の食事には、ビタミンの元となる野菜や、ミネラルの中でも特に「カルシウム」の元になる食材が少ないです。

知っての通りカルシウムは骨を作るのに大切な栄養素。そしてビタミンDが腸からのカルシウムの吸収を促進してくれます。

しかし、「オカアサンヤスメハハキトク」の食事だとビタミンDが殆んど摂れないため、腸からの吸収効率が悪くなり、大便や尿で排泄されてしまうそうです。カルシウムとビタミンDの不足によって、丈夫な骨が作られにくくなってしまうわけですね…。

脂肪が多いから

そして、「オカアサンヤスメハハキトク」の食事には、動物性脂肪が多く含まれています。高カロリーでもあるために、食べすぎると生活習慣病の原因にもなります。

「え?子供が生活習慣病?」と思うかもしれませんが、実は、大人と同様にメタボリックシンドロームと考えられる症例が、小児でもあるそうです。そして、内臓脂肪の蓄積によって、子供の頃から高血圧・糖尿病などの生活習慣病に陥るケースが増えてきてるとのことです。

これってめっちゃ恐ろしい事ですよね…。子供の生活習慣病なんて!!!

基本の食事は「まごはやさしい」の記事を合わせてお読みいただくと、よりご理解していただけると思います。







サブコンテンツ