ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




犬のオヤツの食べ方で解る信頼関係

犬のオヤツ

いぬのきもち&ねこのきもち

FOOD GUARDINGって何?



FOOD GUARDING(フードガーディング)という言葉をご存知ですか?

これは犬が持つ習性のひとつで、自分の捉えた食べ物が他者に奪われないようにするための習性です。

自然界で生きていれば、自分の食べ物を奪われる可能性が多くあるのでとても必要なことです。

本能である野生の頃に身についたこの習性は、今もなお残っています。

具体的に、食べている最中に、食べ物を掴んで奪おうとしたり、他者が近づいいたりすると、犬が攻撃し たり、食べ物を咥えて逃げる、ということが主な行動です。

愛犬と飼主の間に信頼関係があれば、習性であるフードガーディン グでの行動は見せなくなるようです。

もし、愛犬がフードガーディングをするようなら自分はリーダーであることを保ちつつ、信頼関係を強化したほうが良いかもしれません。

フードガーディングのテストを行なう

充分に注意と覚悟をしてから行ってくださいね。

大好きなオヤツを食べている最中に、近づいてみます。

近づいた時に愛犬が移動したり、そっぽを向く無視するようなら、注意です。

気にせずにオヤツを食べていたら、今度は食べているオヤツに触れて、そのままオヤツを犬が食べ 続けているようなら心配はいりません。

愛犬は「奪い取ろうとはしていないだろう」と信頼しているのでしょう。

反対に愛犬が「オヤツを奪われる!」と感じていたのなら、オヤツを持って逃げるか、唸ウゥーって威嚇するか、直接噛んだりして攻撃してきます。

フードガーディングの対処は?

愛犬がフードガーディングをする場合、オヤツを与える時の作法に気をつけます。

馬のアキレス腱のジャーキーのような長いオヤツを用意して、オヤツを飼主が持ったまま犬に食べさせます。

犬は飼主がオヤツから手を離さないことに、不安な顔をして慎重に食べる仕草をします。

犬が少しでもオヤツを齧ったら「よし!いい子♪」と褒めて自信を付けさせてあげてください。

だんだん慣れてきてムシャムシャと齧るようになり、飼主がオヤツを持ったままでも食べさせあげて、飼主が持てなくなるまでオヤツを離さないようにして持てない位になったら手を離して食べさせてあげます。

これを数回繰り返すことによって、飼主が手を離さない事に慣れて食べれるようになります。

フードガーディングの対処を行なっている期間中は、この方法でのみオヤツをあげるようにしてください。

ちょっとしたコツ

飼主のオヤツを犬が食べやすい体勢や位置に合わせてあげて、手の位置を固定し、持つ手は動かさないようにしましょう。

引っ張り合うおもちゃで遊ぶように動かし過ぎると、犬は「オヤツをとられる!」と感じて警戒心してしまいます。

奪われる心配がなければフードガーディングはなくなる

信頼関係が成立して、犬が“飼主がオヤツを奪うことはしない”と理解すれば、フードガーディングはなくなります。

フードガーディングをする犬は食事やオヤツを食べる時に、少なからず警戒している状態なので不要なストレスでかわいそうですね。

飼主としてはリラックスして楽しんで食事を楽しんでもらいたいのですから、飼主との信頼関係を築かなければなければなりません。

犬にとって飼主の存在が「安心して与える人」「リーダー」となっていれば、愛犬は余計な心配をしないでリラックスし食事を楽しんでくれるようになります。

もし指導などに不安を感じたら、ドッグトレーナーに相談してみましょう。









サブコンテンツ