ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




朝食にフルーツ!能力アップ!バランスの良い食事?

朝食にフルーツ・能力アップ



朝ごはんを食べよう!

朝食食べていますか?

朝起きたばかりの体は、寝るという行為で汗をかき体力を使って10時間以上食事をしていない断食明けの状態です。

朝の体はエネルギーが入れなければならないのですから、朝食を抜くということは動かないのは当然ですよね。

午前中から仕事・学校・そしてバリバリ活動したいなら、朝食は絶対に必要です。

そして、さらに能力をアップしたいという方は、夕食後のフルーツデザートはやめて、朝食にフルーツをプラスすることをオススメします。

あなたの朝食、バランスの良い食事と言えますか?

朝ゆっくりと身支度できてます?

朝は時間がないからと、トーストだけ咥えて身支度なんて…そんな朝食で済ませたりしていませんか?

または、頭がボーっとしていて食欲がないからと、飲み物を飲んで終わりなどということはありませんか?

このような状態では、体を十分に動かすことはできませんし、学校に行っている子達は学習にも身が入りません。

朝食の定番と言えば「ご飯、味噌汁、焼き魚」若しくは「トースト、目玉焼き、カフェオレ」のイメージですが、実はこの組み合わせは、「炭水化物、タンパク質、脂質」という「三大栄養素」をバランスよく摂ることができる理想の朝食なのです。

いつもの朝食にフルーツをプラスするともっと能力アップ

朝からきちんとバランスの取れた食事をとるという方も、朝食にフルーツをプラスすることをおすすめします。

「三大栄養素」を考えられた典型的なスタイルの朝食でも、ひとつ不足しているのは「ビタミン類」です。

ビタミン類には、炭水化物・たんぱく質・脂質といった「「三大栄養素」を代謝する働きがあるので、その栄養が充分に活用できるように、ビタミンをプラスすることで、パワーアップするのです。

せっかくきちんと栄養を摂っているのにビタミンが不足ではもったいないので、ビタミン類が豊富の上、調理の手間もかからないフルーツを利用するのが一番です。

フルーツには糖質も豊富で脳の栄養にもよいので、いくつかのフルーツを組み合わせれば、いろいろなビタミンをカバーできて、活力があり気持ち良い一日を過ごすことができるのではないでしょうか。

フルーツを食べればこんないいことがある!!

朝、寝ていた大腸が胃に食物が入ることによって動き出します。

フルーツは食物繊維が豊富なのですが、食物繊維には、腸を刺激したり、便のカサを増して出やすくする効果があるため、朝食をきちんと食べることでお通じはよくなり、さらにフルーツをプラスすれば、理想的な効果を得られるでしょう。

冬は「ごはんにお味噌汁とおかず」と和食の朝食が食べられますが、どうしても夏は食べる気にならなく、夏バテなんてことになります。

時間に余裕がある時や食欲がない時などは、フルーツジュースや スムージーを作ってみてもいいと思います。

出来るだけ、旅館風の和食朝ごはんがいいのですよ~。

一日を無駄にしないためにも、フルーツを取り入れて、朝食をしっかりとらなくっちゃ!







サブコンテンツ