ZUTTO



病気は“治す”から“防ぐ”「予防医療」最前線

010010

健康診断してますか?

そんな質問をしておいて、私は「健康診断」が大嫌いです。
そこで、病気が見つかってしまうと、そのまま重病人でなってしまいそうで…
でも、診断しなくちゃね。
病院と同じ精度の検査が自宅で簡単に出来る

多種多様の診断

 

採血だけでだけでがんや脳梗塞のリスクを判定
■血液中のアミノ酸20種の含有量を測定・解析、6種のがんに対応

食品大手の味の素が開発。平成23年度から医療機関に提供を開始し、現在は全国約780機関が採用している。自由 診療で費用は異なるが、最多価格は1万9千円前後。約5ミリリットルの採取血液から、胃、大腸、肺(いずれも男女)、前立腺(男性)、乳、子宮・卵巣(い ずれも女性)のがん罹患率を判定する。

■動脈硬化の進行具合と血栓が原因の脳梗塞や心筋梗塞の発症までを予測

国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)と大学発ベンチャーのバイオマーカーサイエンス(京都市左京区)が共同 開発、NKメディコ(東京都港区)が24年7月から医療機関へ導入した「LOX-index(ロックスインデックス)」は約140機関で申し込みができ る。費用は1万2千円前後が多い。

あの鎮痛薬「アスピリン」で大腸がんを予防!?
■厚労省研究班がアスピリンの大腸ポリープ抑制効果を明言<2014年2月>

アスピリンの効果は先に欧米で報告されていた。日本でも、アジア人に同様の効果があるか研究がおこなわれたところ、抑制効果があったと報告された。アスピリンを飲んだグループはプラセボに比べ、再発リスクが約40%減少。

■喫煙者には逆効果も。自己判断での服用は避けて

喫煙者ではアスピリンの服用により大腸ポリープが増加することが示された。研究者は「アスピリンが大腸がんを完全に予防する」というものではなく、「アスピリンには消化管出血などの副作用を起こす危険もある。自己判断での服用は絶対にしないでほしい」と話す。

日本最大級の施設・プラン数!人間ドックの予約ならマーソ(MRSO)

胃がんのリスクは「除菌」

《ピロリ菌》

胃の粘膜に生息するらせん型の細菌。感染経路はまだはっきり分かっていないが、小児期の衛生環境が感染に影響すると考えられており、先進国では若年者の感染率が減少している。人から人への経口感染も多い。胃がんの原因の8割といわれる。

■「ピロリ菌感染者3500万人」の事実

菌感染者は日本に約3500万人いると推計され、子供時代に衛生環境の悪かった昭和30年以前に生まれたシニア世代では約8割が感染しているとみられている。ピロリ菌感染胃炎の精査のため医療機関を受診して内視鏡検査で胃炎の有無を検査することができる。

自宅で簡単!ピロリ菌検査

■手術や入院なし…「除菌治療」とは

胃酸を抑える薬と2種類の抗生物質を7日間、朝夕食後に服用する。1回の治療で除菌に成功するのは約80%。不成功の場合は抗生物質を他の薬に変えて再度除菌を行う。

010011
「前立腺がん」増加は食の欧米化
■大豆や葉もの野菜を多く食べることが予防に

欧米では男性の5~6人に1人はかかる一種の国民病。日本では前立腺がんの罹患率は低かったのですが、現在は著しく増加。食生活の西洋化で脂肪摂取量が増えたことが関係しているといえる。

自宅で簡単!がんスクリーニングキット

がん転移の仕組み解明
■転移は「臓器の表面を覆う『上皮組織』で、隣り合う細胞同士の相互作用がうまく働かなくなると起こる」

京都大などのチームが仕組みを解明し、4月21日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表。相互作用に関わっているとみられるのは腎管から出るタンパク質「フィブロネクチン」。

■腎管のタンパク質が転移予防に効果

正常な上皮組織では細胞は整然と並んでいるが、転移の初期段階では刺激やストレスが加わると、上皮はもろくいびつな形になってバラバラになる。腎管から出るタンパク質「フィブロネクチン」で細胞がバラバラになるのを防ぐことができるという。

将来の予防と「親世代」の早期発見促す
■中学校で「がん教育」実施へ

大阪府は、がん死亡率が高い半面、がん検診の受診率は全国最低水準。そこで平成27年度から「がん教育」実施を検討中。知識を学び将来の予防につなげるとともに、家庭で話題になることで親世代の受診率を高め、早期発見を狙う。

「セルフチェック」できる時代
■忙しくて健康診断受けられない人へ薬局で採血&手軽な検査

三菱ケミカルホールディングスのグループ会社、健康ライフコンパスが2013年4月から始めたサービスでは、調剤 併設型ドラッグストアの店舗内で血液検査が受けられる。予約や保険証は不要で、所要時間は10~15分程度。「ツルハドラッグ」や「スギ薬局」などの約 90店舗で実施。他社のサービスでは骨密度や肺年齢の計測も可能。

■個人向けの遺伝子検査ビジネスが拡大

将来、がんや糖尿病などの病気になるリスクを予測するという遺伝子検査サービスが、ソーシャルゲーム大手のDeNAの参入などで、より手軽になってきている。

< 産経デジタル  抜粋 >

自宅検査してみませんか?

病院と同じ精度の検査が自宅で簡単に出来る

あらゆる検査ができるので、メディチェケで自宅チェックしてみてはいかがでしょう…
自宅で簡単エイズ検査

自宅で簡単!安い健康診断!検査キット







サブコンテンツ