ZUTTO



Apple Storeで? 子ども向けサマーキャンプ?

S06

現代の子供達の夏休みって、スゴイ

海!山!遊園地!動物園!行きたーい…だけではなく、空調のきいた涼しい場所で、「想像力と冒険」に出るらしい。
50歳過ぎている私、このイベントに行ったら孫についていけるかしら?
たまに、これでいいのかしら?というイベントもあるけれど、何となく今の子達が羨ましい気持ちも…あるかなぁ
現代の子供達にとってはデジタル遊びが当たり前なのかな?

アナログ遊びでも「想像力と冒険」に出られるよ。いろいろ体験して、好きなこと見つかるといいね。

夏休み!

子供達にとって夏休みは「創造」の宝庫

楽しいよね。
どんな形でもいい。事故に遭うことなく、元気に過ごしてほしい。

 

【夏休み】Apple Storeで子ども向けサマーキャンプ…映画作りなど
全国のApple Storeでは子ども向けのワークショップ、サマーキャンプを7月27日より開催する。対象は8歳~12歳で、費用は無料。iPadを使った映画作りや、Macを使って自作のイラストや効果音を用いたインタラクティブブック作りに挑戦する。

Apple Storeのサマーキャンプは「想像力と冒険に出よう。」を合言葉に、スタッフのサポートを受けながら、自分の創造力を形にしていく。また、最終日には完成させたプロジェクトの発表が行われる。

2015年夏のワークショップは、「iMovieで物語を動かそう」と「iBooksでインタラクティブブックを楽しもう」の2つが開催される。 「iMovieで物語を動かそう」では、アイディアを絵コンテにまとめるところから、撮影、サウンドトラック作り、編集して作品を完成させるまでに挑戦で きる。映画制作に必要なことがすべて学べるという。

「iBooksでインタラクティブブックを楽しもう」では、オリジナルの異インタラクティブブックを作ることができる。iPadでイラストを書き、MacのiBooks Authorで効果音やマルチタッチ機能を追加していく。

また、今回からの新たな取組みとして、付き添いの保護者対象とした、iMovieとiBooks Authorについてのワークショップが開催される予定。

<産経新聞 出典>

 







サブコンテンツ